😸のらねこカフェ内装も完成

 

blog-22-0593095

大工仕事が終わり、最後の仕上げのペンキ塗り。

壁の上部はクリーム色、下の部分はバリサンダという色の防腐剤です。

Cafeというより喫茶室といった方がしっくりくるような雰囲気です💦

 

blog-22-0613099

窓からは近隣の牧草地が見渡せ、気持ちがいい場所になりました。

 

blog-22-0603097

ペンキを塗ると、つなぎ合わせの合板もぜんぜん目立たなくなりました。

入口を入って左側の壁は、猫たちのスペースにしていく予定です。

 

blog-22-0094010

しきりの壁の上に、キャットウォークを作りました。

キャットタワーを置き、保育園の解体現場から頂いてきたかカラフルな

引き出しは、明るい雰囲気でとても気に入っています。

 

blog-22-0424058

うちのねこ達(もう1匹、たまにしか近寄ってこない「たまちゃん」が

いますけど。)

みんな、気に入ってくれるかな?

一緒にお茶が飲めるといいね。

 

のらねこカフェ😸

 

blog-22-0502087

昨年秋、庭に作った建物は、外側の壁を張って防腐剤を塗ったところで

時間切れ。寒さと雪で中断していましたが、春になりって作業を再開しました。

今、木材が高騰しています。ホームセンターでも、じわじわと値段が高く

なり、驚くほどの高値です。「ウッドショック」と言われているようです。

昨年の秋は、まだ値上がりはじめの頃だったので、何とか予算内に収まって

よかったです。

 

blog-22-0552096

内側の壁は、家にある合板の端材を組み合わせて張りました。

1枚物に比べると、大きさが大きかったり短かったり張り合わせるのに

苦労します。材料に余裕が無いので、無駄にならないように考慮しなければ

いけないし時間もかかりますが、お金はかかりません。なので頑張れます(笑)

 

blog-22-0912151

端から端まで、合板を張り終わりました。

だいぶ部屋らしくなってきました。

 

blog-22-0982164

ちょっと足りないところもありましたので、横に板を張り、その下の部分は

縦に板を張ることにしました。

その板も自宅の外壁の残りです。

 

blog-22-0013001

この板もギリギリ間に合いました。

猫たちも完成が待ち遠しいのかな?

 

blog-22-0063011

下の板も張り終わり、やっと完成です。

仕上げにペンキを塗って完成です。あれ?ちょっと和風?おしゃれなカフェを

目指していたんだけど

 

春の渡り鳥

 

blog-22-0044004

オオアカゲラです。

野鳥図鑑の観察難易度のピストグラムでは4段階の★2つ星。

観察の機会は多いと書いてありますが、アカゲラはよく見かけますけど

オオアカゲラは、うちではあまり見かけません。

洗面所の窓から見ることができたので、ちょっとびっくり😲です。

 

blog-22-0698108

この鳥はシジュウカラです。

平地から標高の低い山地の林など様々なところに生息する、体長は14.5cm

くらいの鳥。すずめと同じくらいの大きさです。

白樺の木によくやってきたり、バードテーブルにやってくるスズメの群れに

混じっていたりもします。

 

blog-22-0361063

3月中旬になると、近くの田んぼに渡り鳥が餌を求めてやってきます。

今年は雪解けが遅かったので来ないのかな…と思っていたら、いつもより

時期が遅かったけどやってきました。

しかも、見る機会が少ない珍しい鳥をたくさん見ることができました。

上の写真は、「シジュウカラガン」です。

野鳥図鑑の観察難易度のピストグラムでは4段階の★3つ星。

稀に観察の機会がある鳥です。滅多に見られない鳥が群れでいます。

野鳥のシジュウカラと比べてみると、頭から首が黒く、のどからほほにかけて

白い部分があるところが同じです。

なるほど…同じ名前の意味がよくわかりました。

 

blog-22-0381065

こちらは、「カリガネ」です。

この鳥も、観察難易度のピストグラムでは4段階の★3つ星。

稀にしか見る機会がないようです。

 

blog-22-0071013

こちらは、オオハクチョウです。

車から降りてそーっとドアを閉め、カメラを向けたまま静かに近づいていくと

白鳥たちも少しづつ遠くに行ってしまいます。

車が通っても気にしていないのに、人間にはとても敏感なんですね。

 

blog-22-0211037

雪が溶けた田んぼには美味しいものがあるようです。

みんな、夢中になって食べています。

 

blog-22-0431073

こちらも観察難易度のピストグラムでは4段階の★3つ星の「ハクガン」です。

ハクチョウよりもずっと小さく、羽根の一部に黒色が混じっています。

ハクチョウは飛んでいる姿を見ると真っ白ですが、ハクガンは羽根に黒

色がまじっているので、すぐにわかります。

今年は初めて見る鳥ばかりでワクワクしました。

また来年!

 

春がきた!

 

blog-22-0740124

雪かきに追われた冬もようやく終わりました。

雪が溶けると待ちに待った「春」が待っていました。

ふきのとうがすぐに顔を出しました。

天ぷらにしたり、ふき味噌を作りました。山菜は1年に1度の楽しみですが

ふきのとうやこごみ、うどなどはあっという間に大きくなってしまうので、

もたもたしていると、収穫の時期を逃してしまい、いつも残念な思いを

しています。

今年こそ色々食べられるといいなぁ…

 

blog-22-00061012

雪解けと同時に咲き始めるのが福寿草です。

花が咲き終わりそうな頃、葉っぱが出てきます。花が終わると葉っぱが茂り、

次は、同じ黄色の水仙にバトンタッチ!

春は、黄色い花から始まり、クロッカス、チューリップと次々に咲き始めます。

 

blog-22-0930151

3月中旬から渡り鳥が近くの田んぼにやってきます。

今年は、この時期まで雪に覆われていて飛来しないのかと思っていましたが

ちゃんとやって来ました。

白鳥のV字飛行。青空に真っ白な姿がとてもきれいです!

 

blog-22-0462078

低空飛行で飛ぶ白鳥を間近に見ることができます。

渡り鳥が見られる期間も短く、山菜と同じであっという間です。

春は大忙しです(笑)

 

blog-22-dsc-6688

コロナ渦の中ずっと自粛生活でしたが、友人に誘われて本当に久しぶりに

隣のむかわ町の「プラ・ド・ジュール・イクタ」に行ってきました。

静かな田園の中に1軒ポツンとある、とても素敵なお店です。

蔓延防止等重点措置が発令されてからは、🥡テイクアウトのみの営業だ

そうなので、「お料理の詰め合わせBOX」を注文し、近くのお店の自由席で

食べることにしました。

箱を開けると、「まぁ、きれい!!」美味しそうなお料理がぎっしり詰まっています。

とり胸肉のロースト、ベーコンとバジルポテト詰め、親子丼のようなスフレ、春を

感じる海老のクレープロールなどなど、食べた事のないお料理ばかり…☺

サラダのパックには、とても多くの種類の野菜が詰まっている山盛りサラダです。

そこには、手書きの文字でお料理の名前が添えられていました。食べる人にあたたかい心が

伝わってきます。

メニューを見ながら、これはこのお料理だとか、おいしいね!だとか言いながら

とても楽しい時間を過ごすことができました。

店内で食べられるようになったら、また食べに行きたいと思います。

早く、コロナウィルスが収束して、今までみたいにお店が営業できるようになると

いいです。

 

雪かき用スコップ

 

blog-22-0468070

3月になったというのに、雪がなかなか溶けず、畑はこのように大雪に

覆われています。

溶けるどころか、毎日のように雪が降ります。

気温も低く、昨夜も-12℃です。

でも、日差しは強くなり、日の入りも17時25分と真冬より2時間近く長く

なりました。

着実に春には近づいているようです。

きっと、雪の下では、クローバーや、福寿草やふきのとうなどの植物たちが

芽を出す準備をしていることと思います。

 

blog-22-0508078

今日は、雪かき用のスコップを買いに行ってきました。

冬のはじめに、新しく買ったスコップでしたが、連日の雪かきで酷使して

ボロボロになり、ついに使えなくなりました。

まだまだどこを見ても一面雪なのに、ホームセンターでは品薄状態です。

これだけ降ると、みんなスコップが壊れて買い替えたりするからなのかなぁ

とも思います。

 

blog-22-0738117

うちで使っているのは、カッター付の雪かきスコップ。

これが優れものなのです。

強プラスチックの刃が付いているので、固まった雪も割れやすく、持ち手も

付いているのでとても使いやすいので、気に入っています。

ノーマルなものは、売っていましたが、苫小牧市、千歳市のホームセンターでは

このタイプがお店でなかなか見つからず、恵庭市まで行きやっと見つけました。

しかも、偶然にも入荷したばかりだとか…。

これで、また雪が降っても安心です。

 

blog-22-0758121

やっと、家の前の道の雪も溶けてきたと思ったら、週末は雪の予報から

雨の予報に変わりました。

雨が降って気温が下がると今度はスケートリンクのようにツルツル路面…

滑って転ばないように気を付けないと…

 

blog-22-0698109

シジュウカラです。

家の裏側に植えてある白樺の木には、色々な鳥がやってくるので、カメラが

手放せません。

もうそろそろ白鳥が飛来する時期ですが、畑の雪解けが遅くなると白鳥も

困るだろうなぁ…。

 

コロナ渦の中で…。

 

blog-22-0077008

北海道もコロナ感染がおさまりません。

2月10日に過去最多の4098人をピークに、感染者数はゆるやかな減少傾向

ではありますが、蔓延防止措置は引き続き発令中です。

厚真町でも、今年1月のイベントが中止になり、毎年楽しみにしている

冬の花火大会も中止になりました。

この状況では仕方ありませんが、残念でした。

 

blog-22-0812130

年が明けてからも引き続き、感染対策は気を抜かず、友人との食事や

お茶も控え、買い物はまとめ買いをして回数を減らしています。

静かな暮らしです。

ブログに書くような刺激的なこともなく、出来事と言えば動物たちの事、

大雪で大変だという事だけです。

大雪が降る前には、町のイベントのひとつだったランタンまつりも中止に

なってしまったので、庭にランタンを並べて、伊藤家のランタンまつりを

楽しんでいました。

ランタンは、毎晩凍るやぎたちのバケツの飲み水です。

毎晩-10℃以下になるので、毎日ひとつづつ増えていくのです。

 

blog-22-0922144

ソーラーライトを入れて、夜は夜でまた地味だけどきれいでした。

でも、大雪で今は雪の下に埋もれています。

残念です😢

 

blog-22-0726105

うちには動物だけじゃなくて、淡水魚もいます。

アカヒレというメダカと同じ大きさの魚です。水槽の中にはドジョウもいます。

緑色のもじゃもじゃは、マリモです。

何年も前に小さいのを買ったら、いつのまにかこんなに巨大になりました。

どこまで大きくなるのか楽しみです。

ミナミヌマエビという小さなエビも、どんどん子供が産まれたくさんいます。

苔を食べてくれるお掃除屋さんなのです。

動物にも癒されますが、魚や水草の緑にも癒されています。

 

blog-22-0686101

ずっと昔に種をまいたそばが、毎年こぼれ種から芽を出します。

こぼれ種が実になっては落ち、実になっては落ちて、何年も自然にそばの

実を少しですが収穫しています。

10センチくらい伸びたら、さっと茹でてお浸しで食べたりします。

収穫した実をミルミキサーで粉末にしてみました。

あ、そば粉になった!!

自前のそば粉でそばを打つ夢、叶いそうです。

 

blog-22-0646096

粉麹、米麹、麦麹などいろいろな麹で塩麴を作ったりもしてみました。

真ん中の瓶は、青唐辛子を入れて作った塩麴です。

インターネットで調べると、今まで思いつかなかったレシピがたくさんあり

ますね。

さっそく自分でも作ってみました。

野菜を漬けたりしますが、いくらかピリッとして美味しいです。青唐辛子の

辛さにもよるかもしれませんね。次は激辛で作ってみようかな…

 

blog-22-0766110

持っていたホームベーカリーが壊れてしまったので、新しいのを買いました。

今まで使っていたものはだいぶ古かったので、性能の差に驚きます。

29種類ものメニューがあり、レシピ集も付いているので色々な🍞食パンを

作っています。

どれも外はカリカリ、中はふわふわですごく美味しい😋です。

そんなこんなで、雪かきでくたくたな日以外は、静かに家の中で自分だけで

楽しんでいます。

そんな緩やかな時間を過ごせるのも今だけですから…。

雪が解けたら、大雪でつぶれてしまったビニールハウスの撤去や修理、

倉庫の中の壁を張る作業、駐車スペースの整備などまだまだやることが

たくさんありそうです。

 

うわぁ、また雪!!

 

blog-22-0873149

丸3日かかって、やっと雪かきが終わった開放感から、晩酌のビールが

美味しかったこと…

もう雪が降りませんように…と願いながら寝ましたが、朝カーテンを開けると

先日の大雪以上にまた雪が積もっています。

気力が無くなり、ため息がでます。

玄関前にはこんなに雪が積もっていて長靴も埋まるので、雪をスコップで

どかしながらじゃないと歩けません。

 

blog-22-0903153

うわぁぁぁぁぁぁぁ😲

ハウスまで行く道も埋まっています。

 

blog-22-0214040

そして、また湿った雪なので、雪かきも大変です。

 

blog-22-0913154

外の薪ストーブも、水道もみんな雪に覆われてしまってどこにあるかわか

りません。

 

blog-22-0054009

やっと雪がやんだら、青空に…。

一面の真っ白い雪がとてもきれいです。

5日目の雪かきで、やっと車を出すことが出来たので、買い物にも行くことが

できました。

 

blog-22-0204038

屋根の上にもかなりの雪が積もっています。

デッキの屋根には、ゆるい傾斜がついているので雪が落ちそうですが

なかなか落ちてきません。

毎年、雪下ろし中に屋根から転落したり、落ちてきた雪に埋もれて亡くなる事故が

起き、何人もの人が亡くなります。

屋根の雪には気をつけなくてはいけないという認識はもっていたのに、実は

私もこの日、屋根の雪を落としている最中に、大量の雪が落ちてきて埋もれ、

死ぬかと思いました。

幸いにも顔が埋まらなかったので大事には至りませんでしたが、とても怖い思い

をしました。

屋根の端から雪を落としていて、自分の真正面の雪が落ちてきたら危険なので、

気を付けていたのに、雪の塊に刺激を与えたので、全体がひと塊で、ものすごい

スピードで、落ちてきました。

雪で足元は不安定だし、一瞬の出来事で逃げようがありませんでした。

一瞬で雪に埋もれてしまいました。

雪の恐ろしさを実感しました。それと認識の甘さを知ったので、屋根の雪には

特に気をつけなければと思いました。無理はしないことです。

 

ものすごい大雪!

 

blog-22-0213033

1月12日の朝、カーテンを開けると「え~~っ、何、この雪…」

大雪の予報はあったものの、厚真町は雪がたくさん降るところではないので、

外の景色を見て、もうびっくりです。

一晩で、50cm積もりました。

 

blog-22-0073009

家の裏側の畑も真っ白。一面の雪でどこを見てもモノトーンです。

ハウスのビニールにもすごい雪が積もっています。

昨年の雪でつぶれてしまったハウスは、パイプを棒で支えているので、つぶれ

ずにすみましたが、相当な重さの雪は毎朝最初に落とします。

この日は、湿った雪でかなりの量だったので、ふたりで2時間もかかりました。

 

blog-22-0323052

それから、本格的な雪かきの始まりです。

玄関前から家までの坂道を、せっせと雪かきのスコップ1本持って黙々と

雪かきです。

雪が降っても休んでいられません。

 

blog-22-0333053

農家には、当たり前にトラクターがあるので、こんな大雪が降っても

ちょちょちょいと雪かきは終わってしまいますし、家庭用の除雪機を持っている

家では、スイスイと電動の力で簡単なのですが、うちではどちらも無いので

手作業でやるしかありません。

 

blog-22-0623106

うちの車の通り道まで、雪かきが進まなかったので車も雪に埋もれています。

屋根にもどんどん雪が積もっていきます。

 

blog-22-0813139

🐐ヤギ達の放牧地も雪で埋め尽くされ、外に出られません。

北海道に住んで、こんなに雪が降ったのは初めての事です。

結局、この日は雪かきも半分しかできず、翌日も雪かきの続きをやりました。

丸二日かけてやっと終わり、ほっとしたのも束の間、翌朝、また大量の

雪が積もっていました。

しかも、もっとすごい雪の多さで、気力がなくなる一日の始まりでした。

 

ついにシカ撮った!

 

itoh2022-0271047

一昨年から、毎日畑に来ては農作物を食い荒らしたり、やりたい放題の

シカ達。

決まって夜から夜中に現れ、懐中電灯を持って追い払いに行くと猛ダッシュ

で逃走、暗闇で光る眼と逃げていく後ろ姿しか見たことがありませんでした。

近隣の道や畑ではよく見かけるのですが、敷地の中では見たことがありま

せんでした。

それが、ついに姿をはっきりと見ました。

 

itoh2022-0261046

6頭から7頭の群れです。

夕方、家の前を流れる小川を渡ったところにいたのです。

家の前の橋は震災で壊れ、撤去されてしまったので、ひとつ向こうの橋を

渡っていました。

 

itoh2022-0301053

人間の姿に気が付き、みんな慌てて山へ走っていきました。

シカは、道路を車が来るかどうかなど確認しないで横断するので、車と

ぶつかることがよくあるのです。

車の方が十分に注意しないと大変なことになります。

 

itoh2022-0981171

ここのところ、毎日雪が降りますが、新雪の上には必ず足跡がついています。

裏山から斜面を降り、道路を渡り、小川の水を飲みにくるのです。

-20℃になるような寒い毎日ですが、小川は凍っていないのです。

 

itoh2022-0521089

川岸も歩きやすくて、水分補給にはちょうどいい場所なのでしょう。

キタキツネの足跡もあります。

 

itoh2022-0850114

バードテーブルには、すずめがたくさん集まっています。

意外にも寒さに強いんですよ、雪に埋もれながら、おしゃべりに花を咲かせて

いるのですから…。シカの話でもしているのかな。

 

寒くて雪が多いお正月

 

itoh2022-0451075

2022年が始まりました。

今年こそ、穏やかで楽しい一年になるといいですね。

今年もよろしくお願いいたします。

昨年の暮れから、年が明けてもとにかく寒いです。

ここ数年、北海道の冬じゃないみたいに暖かかったので、今年もそうかなと

思い込んでいたのですが、期待は大きく裏切られ、寒い!寒い!とにかく

寒い日が続いています。

早朝は、墨絵のような景色です。

-20℃ですから、木の枝に付いた雪は凍っています。

 

itoh2022-0101018

ウッドデッキに張ったビニールシートには、雪の結晶がついています。

いろんな形や大きさがあって、とてもきれいです。

日中は日差しで溶けてしまうので、見られるのは朝だけです。

 

itoh2022-0311055

気温が低くて雪が少ないか、気温が高めで暖かいけど雪が多いか…

今まで二者択一のどっちかだったのに、今年はどっちもです。

連日気温が-20℃になるほど寒く、雪も降っています。

どっちかにしてほしい今年の冬です。

 

itoh2022-0341059

雪かきをしてもまた積もり、また雪かき…その繰り返しで、山積みになった

雪は、どんどん高くなっていきます。

雪かきが毎日の日課になっているので、自由になる時間が半分に

なってしまいます。

 

itoh2022-0461078

除雪車も大忙しなのでしょう。

家の前の道は、数えるほどの車しか通りませんが、除雪はこまめにやって

いるので、通行するのに困ることはありません。

 

itoh2022-0751129

トラクターがないので、手作業での雪かきです。

除雪機があればなぁ…と思いつつも、筋力トレーニングだと思って

やってます。

 

« 古い記事