7月2013

競走馬「リリージュエル」

 

リリージュエル

また今年も縁あって、ホッカイドウ競馬にデビューする競走馬の名前をつけさせてもらい

ました。2歳の牝馬(♀)です。

女の子だから、可愛い名前をいくつも考えました。馬の名前は9文字以内と決まっています

ので、考えている間は、頭の中をいろんなジャンルの単語や花の名前が浮かんでは消え、

浮かんでは消え・・・だいぶ悩みました。

そんな時、ふっとひらめいたのが「リリージュエル」でした。

可愛いでしょ?!

春には、入厩し、調教を積んできました。レースに出るための練習です。そして6月中旬に

能力検定試験を受け、無事合格しました。

そして昨日、デビューの日を迎えたのです。この日初めての対面でした。

毛艶もよく、とってもかわいい顔をしていました。

残念ながら、応援の声が届かず初めてのレースで勝つことはできませんでした。

次のレースは勝てるかな・・・。

じゃがいもの花

 

じゃがいもの花2

土寄せ、芽かき作業も終わり、少し夏らしい気温になってきました。

じゃがいもの花が満開です。

 

じゃがいもの花

品種によって花の色が違います。

白、うすいピンク色、薄紫色、濃いむらさき色と、何色もの花が咲いています。

いつもは、品種によって、成長の速度が違い、花も順番に咲いていたのですが、今年は

ほぼ全部の花が一斉に咲いたので、とてもきれいでした。

うねとうねの間には、刈った雑草やわらを敷きつめました。草の成長を止めたり、

乾燥させてからすきこめば、土の栄養にもなるからです。

 

ピルカの花

これは、「ピルカ」の花です。

濃い紫色の花がとてもきれいです。

数日、天気の悪い日が続きましたが、今日は晴れて、一気に気温が上がりました。

じゃがいもにとっては、あまり良いことではありません。

今日も、乳酸菌を葉面散布しました。少しでも長く、元気でいられるように・・・

 

クリスのお薬

 

クリスエス

クリスエス君は、元気です!

薬を毎日飲み続けているのですが、肝臓への副作用が心配の種です。肝臓の薬も服用は

しているのですけど、それで大丈夫という訳にはいきません。

数週間前に、元気で足の調子が良さそうだったので、少し薬の量を減らして様子を見て

みました。

数日後から徐々に、歩き方がおかしくなり、トイレに行くのもやっとになってしまいました。

やっぱり、薬を減らしたらダメなんです・・・。

ステロイド、免疫抑制剤、肝臓の薬はずっと、このまま飲み続けないとね・・・。

でも、クリスは薬が大好き!!

朝ごはんを食べ終わると、私に抱っこ。そして、いつもだいたい同じ時間に

騒ぎ出すので、下に降ろしてあげると、お薬担当のおとうさんのところへ薬の催促。

「ワン!ワン!」と鳴いてから、また私の膝の上にきて薬を飲むのです。

クリスは、薬だけでは飲まないので、パンに包んであげるのです。だから薬が大好き

なんですよ。

飲ませる苦労はないんですけど、時々器用にパンだけ食べて、薬が床に落ちていることも

・・・・。

 

クリス

足の麻痺が進行してからは、こんな格好でいることも多いです。

ちょっと変なかたちだけど、本人は楽なのかもしれません。

 

放牧の時には必ず・・・

 

ユキチャン

天気の良い日は、長いリードをつけて、庭で過ごします。

ハウスの前のクローバーを食べたり、牧草を食べたりしますが、すぐに飽きちゃって

日向ぼっこしている方が多いかもしれません。

毎日、おうちのお掃除をする時に、庭へ連れて行きます。

「ユキチャン、行くよ!!」と言うと、すごい勢いで飛び出していきます。

そして、必ず火山灰の敷いてあるところでこうやって、首を地面につけてずずずずーーーっと

1mくらい前進するのです。それを3~4回繰り返すのです。

 

ユキチャン

横向きで前進することもあります。

かゆいのかなぁ?

昨日は、今年最高の暑さ・・・草取りをしていても、じわーーーっと汗が出てきます。

ユキチャンは、アルプス原産のアルパイン種の血統が入っているので、暑さは苦手のようです。

納屋のコンクリートに自分で寒冷紗(不織布みたいな作物にかける物)を引っ張り出して

きて、座布団のように敷いて座っていました。自分なりに色んな事を考えていて、

本当にユニークで、笑わせてくれます。

 

暑い、暑い!!

 

鶏小屋

一昨日、昨日と暑い日が続きました。

昨日は、厚真町でも30℃を超えたんです。

いつもは、ウッドデッキでたわむれている猫たちも、あまりの暑さに退散し誰もいません。

きっと日陰で涼んでいるのでしょう。

ヤギのユキチャンも、外は暑いらしくおうちの中でゴロゴロしています。

鶏たちハァハァ言っています。暑さのせいか玉子もぜんぜん産んでくれません。

鶏小屋の屋根が透明なので、天井によしずを張ってあげました。日差しが防げ、相当涼しく

なりました。快適に過ごせるようになったお礼に玉子をたくさん産んでくれるといいんだけ

ど、どうかなぁ・・・。

日中は、家の窓を開けると風がすーーーっと入って、心地よい涼しさなのですが、

夜は湿度も高く蒸し暑かったので、今年初めて扇風機をつけました。

こちらは、いくら暑いと言っても扇風機があれば、耐えられます。

私としては、夏はやっぱりこのぐらい暑い日がないと、物足りません・・・

 

宮川花子さんの講演会

 

宮川花子講演会

火曜日に、福祉センターで開催された、「厚真町健康づくり講演会」に行ってお話を聞いて

きました。

がん検診を受け、早期発見、早期治療をすすめるための講演会だそうです。

「花子の生き生きライフ」と題し、講師は漫才コンビ「宮川大介・花子」の宮川花子さん

でした。

普段の漫才の時とは違い、落ち着いた話し方で聴きやすく、時折冗談を交え、会場の笑いを

誘っていました。

話は多岐にわたり、自分が漫才師になった時の話から、病気の話、相方の大介さんの

話などで、あっという間の1時間半でした。

とても良い講演会で、聴きに行ってよかったと思いました。

子供たちに夢を持ちなさいと言うのではなく、自分自身が、いくつになっても、夢を持ち

やりたいことをやりましょう!そんな言葉で、講演会は締めくくられました。

私もそうなれたらと思います。楽しまなくちゃ!!

お寺で落語会

 

お寺で落語会

健康づくり講演会の次は、落語です。催し物が続きます。

近くのお寺で、町内の仏教会主催の「お寺で落語会」が開催されました。

落語は好きなので、楽しみにしていたんです。

6時開演だったので、10分前くらいに会場に入ると、すでにたくさんの人が来ていました。

3人の落語家さんが、それぞれ笑わせてくれました。

寄席とはまた一味違います。

なかなか、間近で落語を聞く機会がないので、聞けてよかったです。

楽しいひと時でした。

厚真町は、人口4750人の過疎化の町ですが、こんな楽しみもあるんですよ・・・。

 

ハスカップ

 

ハスカップ

7月初旬、ハスカップの果実が紫色になり、収穫が始まります。

ハスカップという名前は、ハスカップの実を指すアイヌ語の「ハシカプ」に由来し、

不老長寿の秘薬と言われていたそうです。

昔は、厚真町から何時間も歩いて、勇払原野に自生しているハスカップの実を摘みに行っ

たのだそうです。今は苗木も売っているので、庭に植えてあったり、畑の一角に植えて

いたりします。実はブルーベリーとだいたい同じか一回り大きいくらいで、ちょっと

すっぱいです。

我が家にも、以前住んでいた人が植えた木が10本くらいあります。もう老木で、年々実が

少なくなっていきますけど、今年も何とか収穫できました。

 

ハスカップ

この実を収穫するのは、とても大変です。

かごを持って、一粒一粒収穫していくのです。熟しているものは、指でつまむとぽろっと

とれるのですが、まだ熟していないものを摘もうとすると、皮が敗れて、赤い果汁が

手につき、何度もやっていると、指から手のひらまで真っ赤になってしまいます。

そして、とてもデリケートなので、一度触ると皮が弱ってしまい、次に見たときに触ったのが

よくわかります。実は順番に熟していくので、選びながら一粒また一粒なんてやっていると

すごく時間がかかります。畑の草を取り、合間にハスカップを収穫し・・・この時期は大忙し

です。

役場の庁舎には「ハスカップの町・厚真町」という大きな垂れ幕がさがっています。

ハスカップ農園もたくさんあり、7月上旬から中旬のほんの少しの間だけ摘み取りもやって

います。今や、他の地域でも栽培しているところはたくさんありますが、ハスカップでは、

他に負けないように、頑張っていこうという意気込みなのでしょう。

冷凍されたハスカップは売っていることもありますが、生で食べられるのは、ほんの

数週間だけなんです。収穫が終わると、あ~終わった\(^^)/ほっと一息です。

 

 

 

クリスと乗馬観戦!

 

クリスと乗馬観戦1

苫小牧市にある「ノーザンホースパーク」では、5月から9月に乗馬大会が開催されます。

家から近いので、よく観戦に行くんです。

ノーザンホースパークの園内には、今現在12種類、約80頭の馬たちがいます。ポニーショー

で活躍している馬、観光馬車を引いてくれる馬、乗馬で頑張っている馬、そして競馬から

引退した名馬達にも会うことができます。

馬に親しみ、四季折々の花を楽しむこともでき、スポーツ遊具や、おもしろい自転車なども

あり、緑の木々の中で、自然を満喫できる場所です。

ペットOKなので、いつもクリスと一緒です。

先日も、乗馬観戦に行ってきました。

移動は、いつもこのキャリーバッグです。

 

クリスと乗馬観戦3

競技が始まると、抱っこして観戦です。こうやって静かにしていると、誰にも気がつかれ

ません。屋根付きの観客席もあり、大会のパンフレットもおいてあります。

人馬一体となって障害を乗り越える競技は、とても迫力があります。

 

クリスと乗馬観戦2

目が見えたらよかったのに・・・残念です。

でも、競技の間中、ずっと、おとなしくしています。

来月も馬術大会があるので、また来ようね・・・。