クリスのお薬

 

クリスエス

クリスエス君は、元気です!

薬を毎日飲み続けているのですが、肝臓への副作用が心配の種です。肝臓の薬も服用は

しているのですけど、それで大丈夫という訳にはいきません。

数週間前に、元気で足の調子が良さそうだったので、少し薬の量を減らして様子を見て

みました。

数日後から徐々に、歩き方がおかしくなり、トイレに行くのもやっとになってしまいました。

やっぱり、薬を減らしたらダメなんです・・・。

ステロイド、免疫抑制剤、肝臓の薬はずっと、このまま飲み続けないとね・・・。

でも、クリスは薬が大好き!!

朝ごはんを食べ終わると、私に抱っこ。そして、いつもだいたい同じ時間に

騒ぎ出すので、下に降ろしてあげると、お薬担当のおとうさんのところへ薬の催促。

「ワン!ワン!」と鳴いてから、また私の膝の上にきて薬を飲むのです。

クリスは、薬だけでは飲まないので、パンに包んであげるのです。だから薬が大好き

なんですよ。

飲ませる苦労はないんですけど、時々器用にパンだけ食べて、薬が床に落ちていることも

・・・・。

 

クリス

足の麻痺が進行してからは、こんな格好でいることも多いです。

ちょっと変なかたちだけど、本人は楽なのかもしれません。

 

放牧の時には必ず・・・

 

ユキチャン

天気の良い日は、長いリードをつけて、庭で過ごします。

ハウスの前のクローバーを食べたり、牧草を食べたりしますが、すぐに飽きちゃって

日向ぼっこしている方が多いかもしれません。

毎日、おうちのお掃除をする時に、庭へ連れて行きます。

「ユキチャン、行くよ!!」と言うと、すごい勢いで飛び出していきます。

そして、必ず火山灰の敷いてあるところでこうやって、首を地面につけてずずずずーーーっと

1mくらい前進するのです。それを3~4回繰り返すのです。

 

ユキチャン

横向きで前進することもあります。

かゆいのかなぁ?

昨日は、今年最高の暑さ・・・草取りをしていても、じわーーーっと汗が出てきます。

ユキチャンは、アルプス原産のアルパイン種の血統が入っているので、暑さは苦手のようです。

納屋のコンクリートに自分で寒冷紗(不織布みたいな作物にかける物)を引っ張り出して

きて、座布団のように敷いて座っていました。自分なりに色んな事を考えていて、

本当にユニークで、笑わせてくれます。

 

クリスと乗馬観戦!

 

クリスと乗馬観戦1

苫小牧市にある「ノーザンホースパーク」では、5月から9月に乗馬大会が開催されます。

家から近いので、よく観戦に行くんです。

ノーザンホースパークの園内には、今現在12種類、約80頭の馬たちがいます。ポニーショー

で活躍している馬、観光馬車を引いてくれる馬、乗馬で頑張っている馬、そして競馬から

引退した名馬達にも会うことができます。

馬に親しみ、四季折々の花を楽しむこともでき、スポーツ遊具や、おもしろい自転車なども

あり、緑の木々の中で、自然を満喫できる場所です。

ペットOKなので、いつもクリスと一緒です。

先日も、乗馬観戦に行ってきました。

移動は、いつもこのキャリーバッグです。

 

クリスと乗馬観戦3

競技が始まると、抱っこして観戦です。こうやって静かにしていると、誰にも気がつかれ

ません。屋根付きの観客席もあり、大会のパンフレットもおいてあります。

人馬一体となって障害を乗り越える競技は、とても迫力があります。

 

クリスと乗馬観戦2

目が見えたらよかったのに・・・残念です。

でも、競技の間中、ずっと、おとなしくしています。

来月も馬術大会があるので、また来ようね・・・。