11月2013

クリスはとっても寒がり!

 

クリスエス1

11月になり、日毎に寒くなってきました。

寒がりのクリスにとっては、つらい季節です。気密性の高い都会のマンションなら快適なの

かもしれませんが、我が家は築50年の古い家・・・私たちだってすきま風が身にしみますから。

なぜか、クリスには外の仕事をしようとするのがわかるんですね。上着をはおり、そっと

玄関の内側のドアを開けようとすると、どこで寝ていてもあわてて起きてきて、見えない目で

じっとこちらを見ています。

外に出てしまうと諦めて、また横になって寝ているようですが・・・。

 

クリスエス2

クリスのおうちには、ペットヒーターをいれてあるので、寒くなったらおうちに入って

こんなかたちで寝ています。真っ黒で、頭がどこだかわかりませんが、右側にお尻がありま

す。ヒーターとベッドの間にもぐりこんでいます。おかしな格好です。

 

クリスエス3

ベッドを掛け布団がわりに掛けているようだったので、ブランケットを入れてあげました。

自分なりに考えた結果こんな形になっていました。

暖かそうですがお尻が冷えちゃいそうです。

 

クリスエス4

また違う日には、こんなふうに頭に肉球の形のお気に入りのクッションをかぶっています。

一生懸命、色んな事を考えているクリス。おもしろくて、思わず笑ってしまいます。

もうすぐまた寒い冬がくるけど、頑張っていこうね!!

ししゃも寿司

 

ししゃも寿司

厚真町のお隣のむかわ町は、ししゃもの産地!

10月下旬にししゃも漁が解禁になりました。

何店舗かあるししゃもの販売店の軒先には、ししゃものすだれ干しが並び、秋の風物詩の

ひとつになっています。この時期は、遠くからししゃもを買いに来る人がたくさんいて

ちょっと活気があります。

旬のししゃもも絶品なのですが、毎年我が家が楽しみにしているのは、「ししゃも寿司」です。

何とも言えないおいしさです!

町の中のお寿司屋さんで、食べてきました。

 

ししゃもの天ぷら

この時期限定の、ししゃもの天ぷらです。こちらもおいしかったです。

ししゃもの料理が食べられるのも、ほんの短い間だけなんですよ。

 

ししゃもの柳川鍋

これは、ししゃもの柳川鍋。柳川といえばどじょうですが、ししゃもです。

ししゃも屋さんの立ち並ぶ通りには、ししゃもと書かれたのぼりがビラビラしています。

お店によって、「ししゃもご膳」というものがあったり、ししゃものフライや南蛮漬け

があったり、いろいろです。

すだれ干しがなくなる頃は、もう雪の季節です。

パン教室

 

バケット

厚真町で初めての「パン教室」が始まりました。

厚真町地域おこし協力隊の一員の先生が優しく教えてくれます。

3回クラスと体験的な1回クラスがあり、私は3回クラスに入りました。

各クラス5人が定員です。

2回目は、バケットと玄米のパンを作りました。

先生が教えてくれるのは、果実や野菜から起こした天然酵母を使ったパン作りです。

粉と塩と水のみで発酵させるので、私でもとってもおいしいパンが出来ます。

玄米パン

この玄米パンは、炊いた玄米を包み込んで焼きました。

ちょっと見えているのが玄米なんです。ごはんとパンを一緒に食べられるって、何かすごい

です。自然な味わいでとっても美味しかったです。

1回目には、トマトピューレとバジルを練りこんだフォカッチャと茹でた大豆や小豆を

包んで焼いた豆のパンを作りました。

パン生地を作り、焼いたらみんなで試食をするのですが、「美味しい!!」の連発でした。

 

豆のパンとフォカッチャ

2時間のコースなのですが、みんなで和気合い合いと出来、とても楽しいパン教室です。

残りは来月にあと1回あります。今度はベーグルを作るそうなので、楽しみです。

 

 

ありがとうございました!

 

じゃがいも

出荷を待つじゃがいも達です。

納屋の中は、所狭しと50種類のじゃがいもがコンテナに入っています。

こうやって見ると、色やかたちや大きさがそれぞれみんな違いがあっておもしろい

です。

 

じゃがいも

たくさん収穫できた品種は大きなコンテナに入っています。

11月中旬になって、温度が-6℃まで下がった日がありました。この時期は、気温に

はとても注意が必要です。納屋に入れてあっても隙間だらけなので、冷え込みが厳しい

と凍ってしまいますから。

天気予報を見て、冷え込みそうな時は、コンテナの上にシートや寒冷紗をかけたり

ダンボールで覆ったりして、凍らないようにしています。

朝はまず納屋に行って、じゃがいもの様子をみるのが日課です。何ともなくてほっとする・・・

そんな毎日です。

 

じゃがいもセット1

今年も、じゃがいものご注文、ありがとうございました。毎年買っていただいている

お客さんからの注文は嬉しいです。初めてのご注文も嬉しいです。

喜んでもらえるかな?なんて思いながら袋に詰め、発送しています。

 

farmnote13-0984156

今年の出荷も終わりました。

また、来年もおいしいじゃがいもがたくさん収穫できるように頑張っていきたいと

思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

インスリン

 

待合室で。

2週間に一度通っている札幌の動物病院の待合室で。

診察前はすごく緊張していています。

呼ばれて診察室に入ると、先生に何をされても逆らうことなく、神妙にしています。

今日は血液検査をしました。

診察がおわると、ほっと安心するのか、目をしょぼしょぼとさせたかと思うとスヤスヤと

寝てしまいます。何年かよっても病院だけは慣れないようです。

 

インスリン

長年、足の麻痺があるためステロイドと免疫抑制剤を服用してきました。

薬を飲まなければ、歩くことができないからです。でも、恐れていた副作用がでてきました。

急に水をたくさん飲むようになり、先生に診てもらうと、血糖値が異常に高くなっていました。

点滴をしてもらい、ステロイドを減らしてみることにしました。

2週間、水分量を測り、毎日、尿の検査もしました。

でも、結局血糖値は下がらず、インスリンを朝晩2回打つことになりました。

食事制限もしなくてはいけません。ペレットと野菜のみ。あとは一切ダメです。

体重も4.6kgから3.8kgになりました。体重が軽い方が足の負担が少ないのでよいのかも

しれませんが。

インスリンは、体が小さいのでほんの少しの量です。

血糖値を下げるために、薬の量を減らすと足が少し動かなくなり、歩くのも大変です。

血糖値が下がるのを願うばかりです。

 

 

厚真町の遺跡

 

厚真町の遺跡1

これは、厚真町の地図ですが、町内にはこんなにたくさんの遺跡があります。

毎年、作業に従事する人を募集し、半年間かけて発掘作業をしているようです。

先日、厚真町の文化祭があり、書道、短歌、絵画や刺繍などの作品が展示してあるとところの

一角に「遺跡発掘成果展」というコーナーがありました。

 

厚真町の遺跡2

そこには、発掘された出土品が展示してあります。

発掘を行っているのは知っていますが、なかなか出土品を見る機会がないので、見られて

よかったです。ひとつひとつじっくり見ていると、学芸員さんがいろいろ説明してくれま

した。これは1800年前の縄文土器なんだそうです。

 

厚真町の遺跡3

発掘作業がおわると、今度はこうやって復元する作業をするそうです。

どこで見つかったものか土器のひとつひとつに記入されています。復元は地道な作業です。

貴重な出土品ですが、手に持たせてくれました。そそっかしいので、落としたら大変です。

そっと持ってみました。いい体験ができました。

 

厚真町の遺跡4

3体の人骨も発見されたそうです。

下の方に点のように見えるのは、一緒に発見された黒曜石のやりです。

この小さなやりも手のひらに乗せてみせてもらいました。

こんなに小さな物まで、発掘するってすごいですね。

いろいろ知ることができてよかったです。