3月2014

つらら

 

つらら1

家の北側にある洗面所の窓から見えるつららは、日に日に長くなっていきます。

どのぐらい長くなるのか毎日楽しみに見ていました。

いつも窓の真ん中辺りまでくると、気温が上がり屋根からひとかたまりになって落ちて

折れてしまったりして、それ以上は長くなりませんでしたが、今年はずっと伸び続け、

新記録達成です。

屋根からずっとつながったつららが落ちる時は、物凄い音がします。

どーーーん!!という音で、愛犬クリスは何が起こったのかと驚いて大騒ぎだし、

庭のヤギのユキチャンや猫たちは、大急ぎでおうちに入ってきょろきょろして

います。

つらら2

外に行って見てみると、氷の芸術作品のようなつららです。

少し暖かくなって、落ちて割れてしまいましたが、家の日が当たらない裏側は、

氷の山になっています。これはしばらく溶けそうもありません。

庭の雪もここ数日で少し溶けて、土が見えてきました。

畑は、まだ長靴がすっぽり埋まるくらい雪が積もっています。もう雪は降らないで

ほしいんですけど・・・。

 

福寿草

 

福寿草

庭の、一番日当たりの良い斜面に、福寿草の✿花が咲いていました。

周りには、開きそうなつぼみもたくさんあります。

3月になったのに、昨日の明け方は-10℃、今日は-5℃。真冬の寒さは越えたもののまだ

風が冷たく寒い日が続いていて、今日は雪も降りました。

福寿草も、ちょっと早く咲きすぎたと後悔しているかもしれません。

 

畑の雪

福寿草が咲く斜面の上の畑には、まだ雪が30センチ以上積もっています。

猫ちゃんたちも、雪の上を歩くのはちょっと冷たそうです。

今週も天気予報では雪が降ると言っています。数日前に気温が上がり、ちょっと溶けたのに

また春が少し遠のきました。

 

庭の雪景色

庭も、まだまだ雪で真っ白です。

いつになったら溶けるのかな?

でも、積もった雪の下では、お花や、雑草やクローバー達が、いつ雪が溶けてもいいように

緑の葉っぱを付け、少しづつ大きくなっています。

植物って本当に強いですね。

 

 

じゃがいもパン

 

玄米パン

厚真町で、昨年から行われているパン教室にまた参加してきました。

今回は、単発の1日のみのコースです。

毎回少人数制ですので、先生を含め6人で、和気合い合いと楽しくパンを作りました。

同じ、パン生地をこねても、人によって硬かったり、柔らかかったり・・・

形も、個性があって、焼き上がりをオーブンから出すときは、みんなとても嬉しそうな

笑顔です。「わ~、おいしそう!!」なんて歓声があがります。

上の写真は、炊いた玄米を包んで焼いた玄米パン。ボリューム満点です!

 

味噌フォカッチャ

こちらは、味噌フォカッチャ!

トマトフォカッチャもおいしかったのですが、お味噌もまた風味がよく美味しかったです。

玄米もお味噌も厚真町産のものです。いつも厚真町産の食材を使ってくれるんです。

 

じゃがいものパン

先月参加したパン教室では、なんと、伊藤農場のじゃがいもでじゃがいもパンを作りました。

ふかした角切りのじゃがいもを生地で包み込んで焼きました。

品種は、はるか、マチルダと、ピンク色のじゃがいもノーザンルビーです。

この品種は、時間がたっても固くならないので、じゃがいもパンに合っています。

 

じゃがいもパン

こちらは、はるかとノーザンルビーを包んだパンです。

黒っぽいつぶつぶは、オレガノです。これが、また合うんです。

自分の作ったじゃがいものパン、うれしくて、みんなの倍以上美味しく感じました!!

 

怪力 ユキチャン!!

怪力ユキチャン

ようやく、寒さの峠は越えましたが、北海道はまだまだ雪が降り、田畑は一面雪で

覆われています。

冬の間、ユキチャンは草も食べられず、外にも出られず、ちょっと不満げです。

雪の日は猫たちも屋根付きのおうちにこもりっきり、私たちも家の中にいるので、ひとりで

「つまんないなぁ・・・」と言っているようです。

 

窓の穴

ひまを持て余しているようで、何かゴンゴンと音がすると思ったら、窓のアクリル版を角で突っつ

いて穴を開け、そこから、口でガリガリと噛んだり、角で押したりして、ついにこんなに

大きな穴を開けてしまいました。

そして時々、そこから顔を出しています。

よほど、開かない窓が不満だったのでしょうか・・・出した顔には達成感が感じられます。

 

ユキチャン1

念願の窓もOPENになり、さて次は・・・・

牧草が置いてある場所に雨よけでつけたアクリル版に狙いをつけました。

要領がわかったせいか、あっという間に大きな穴を開けてしまいました。

そして今度は、そこから出入りしています。

でも柱にリードがぐるぐるからまって、メェメェと鳴いて助けを呼ぶので困ります。

 

ユキチャン2

ヘヘーーーーン!!

あーーー、ユキチャンへんな顔(笑)

忙しいのに、世話が焼けるユキチャンです。

その大きな穴も、アクリル版を張替え、今度は穴を開けられないように格子を打ち付け

ました。

もう、壊さないでね!

 

クリスの目の治療

 

クリスエス1

その後、ステロイドとうまく付き合いながら、元気に過ごしていました。

2月上旬、今度は目の病気です。

右目が血がにじんで赤くなりました。

先生に診てもらうと、角膜の病気だとわかりました。その日から、目薬の投与の始まりです。

脊髄の腫瘍からくる麻痺を抑えるステロイド、免疫抑制剤、肝臓の薬、ステロイドの副作用の

血糖値を下げる朝晩のインスリン、そして角膜の目薬です。

やっとインスリン注射のコツをつかんだら、今度は目薬2種類を毎日6回です。

いったい、どれだけ病気になればいいのでしょう・・・

ひとつひとつ、乗り越えてきたので、もうこれ以上病気にならないようにお願い

したいです。

クリス、病気に負けちゃだめだよ!

 

クリスエス2

普段は、こたつでよく寝ています。

大好きなこたつから出てきたと思ったら、また寝てしまいました。

こんな格好、あまりしませんよね。

気持ちよさそうにお昼寝中です。

きっと、床暖房が適温だったのかもしれません。

 

ユキチャンのファームステイ

ユキチャン

用事があって埼玉の実家に帰ることになりました。

ユキチャンは、またお友達のキクチファームで預かってもらうことに。

ファームステイです。

キクチファームは、余生馬の牧場です。乗馬や競馬で一生懸命頑張ってきた馬さんたちが

現役を終え、余生をのんびりと楽しく幸せに暮らしています。

預けに行く日、車に乗せようとしてもガンとして動かず、重いので抱えて乗せるわけにもいかず、

ちょっと手こずりましたが、乗ってしまえば、おとなしかったです。

車で1時間、牧場に到着すると、またまた降ろそうとしても踏ん張り、大変でしたが、

また降りてしまえば、トコトコと厩舎の方へ歩いていきます。

これで、ファームステイも3回目。楽しかった思い出がよみがえったのかもしれません。

お泊りするお部屋に案内してもらいました。

ちっちゃなユキチャンを馬さんたちがずっと見ています。

「何?」 「誰?」なんて思っていたのでしょうね。

みんな、ちょっとの間、ユキチャンのことよろしくお願いしますね。

 

ユキチャンとツーショット

ユキチャンは、菊池さんが大好き!!

いつも、とっても可愛がってくれるから・・・。

普段は、猫たちが周りにいて、猫たちは遊んで欲しくてユキチャンに近づくのだけれど、

ユキチャンは加減を知らないから、角で押してみんな逃げていっちゃうけど、

ここでは、逆です。大きな大きな馬さんたちがたくさんいます。

ユキチャンが本当に小さく見えます。

たくさんのお馬さんと過ごす時間は、きっとユキチャンにとってはとてもいい経験に

なることと思います。

仲良しになれたらいいけど・・・無理かな?

 

ユキチャン

私たちが帰るとき、こんな顔してちょっと淋しそうです。

いい子にしていてね!!

いってくるね!