4月2014

春ですね。

 

福寿草とスイセン

4月に入り、朝晩の冷え込みも穏やかになってきました。今日は、朝でもプラスの気温でした。

日中は暖かい日が続き、福寿草の花が満開です。水仙も少しづつ大きくなってきました。

間もなく畑仕事が始まりますから、その準備を始めています。

また忙しい毎日の始まりです。

 

ソメイヨシノ

3月下旬に、用事があって埼玉の実家に1週間ほど戻ってきました。

関東地方は3月に寒い日が続いたので、例年より桜の開花が遅れました。

でも、帰省してからは暖かい日が続き、近くの公園の桜が咲き始めて、とてもきれいでした。

もう少し、時期をずらせば久々に満開の桜が見られたのかもしれません。

北海道の桜の開花は5月1日頃だそうです。

 

こいのぼりの里まつり2

埼玉の実家から、群馬県館林市で開催されている、「こいのぼりの里まつり」を見に行っ

てきました。こいのぼりの掲揚数5283匹!ギネス世界記録に認定されたそうです。

館林市内の5箇所の会場に掲揚され、この鶴生田川だけでも4000匹以上の大小のこいのぼり

が掲揚されています。橋の上から見る鯉のぼりは、圧巻です。

 

こいのぼりの里まつり1

川沿いに桜並木があり、この日は2輪だけ咲いているのを見ましたが、満開の桜とこいのぼり

は、きっとすごいんだろうなぁと思います。

夜は、ライトアップされ、また昼間とは違う光景が見られるようです。

 

こいのぼりの里まつり3

この写真だとわかるかな。川の両側が桜並木です。

こいのぼりの里まつりは、3月25日から5月9日までのロングラン。

ちょうど、見られてよかったです。

 

春の雪

 

春の雪1

4月になり、やっと暖かくなってきたので、庭のハーブやクローバーが芽を出し、庭が

少し緑色になってきました。

今年は、春が来るのは早いのかなぁ・・・なんて思っていたら、5日の朝、一面に雪が降り

積もっていました。庭のチューリップもびっくりですね!!

昨夜から降っていた雪が、5センチくらい積もりました。

また冬に逆戻りしたみたいです。

午後には、積もった雪もすっかり溶けましたけど。

 

春の雪2

4月7日にも、またまた雪です。

湿った雪が木々を真っ白にしています。

朝7時には、真冬のような風景でしたが日差しが強くなり、午前中のうちに溶けてしまい

ました。午後はぽかぽか陽気となり、めまぐるしい天気でした。

 

春の雪3

今日も朝5時半には-3℃でした。

まだまだ朝は寒いです。ホームセンターには、パンジーやビオラが売られていますが、

まだ植えるにはちょっと早そうです。

早く暖かくなって、5月初旬にはお花見ができるといいのですが。

畑の雪も溶け、土が乾くのを待っています。乾いてからじゃないとトラクターで耕せないので。

せっかく、乾いてきた畑がまた雪で湿っちゃう・・・・。

もう、雪は降らないでほしいものです。

 

フェリーのペットルーム

 

ペットルーム4

3月下旬、埼玉の実家へ帰ってきました。今回は車です。苫小牧港から「シルバープリンセス」

というフェリーで、八戸まで行き、八戸から高速道路をひた走り、埼玉まで行くという長旅です。

往路のこのフェリーには、ペットルームもあったのですが、病気のクリスが心配だったので、ペットと一緒に過ごせる部屋をとりました。

部屋には、どデカイケージがおいてありました。ペット同伴OKといっても、ケージの中のみということでした。

乗りこむ際には、鳴き声がうるさいようなら、ペットルームに預けてもらいますと注意がありました。

目がまったく見えなくなってからは、不安があると鳴くことが多くなり、いきなり心配になりました。

クリスは、慣れない場所で落ち着かず、一方、私達もゆっくりと船旅を楽しむという訳にはいきませんでした。何せ、午後9時出航で、八戸には朝の4時50分着ですから。

夜中に起きたりしたので、不覚にも寝坊をしてしまいました。

八戸に到着し、下船の案内のアナウンスで起きました。

さぁ、大変!!!クリスをキャリーバッグに入れ、大慌てで荷物を両手に抱え、着替える時間もなかったので、だらしない格好で、走って車に戻りました。いやぁ、びっくりしました。

早朝着は、ちょっときつかったです。

 

ペットルーム2

埼玉の実家には1週間滞在しました。実家でも、まだこたつをだしていたのでクリスは家と変わらずこたつの中にこもっていました。

復路は、仙台まで東北自動車道を走り、仙台から太平洋フェリーの「きそ」苫小牧行きに乗りました。

ここでは、甲板にある、ペットルームで15時間過ごすことになります。

一緒にいられないし、長時間で可愛そうだけど、今まで何回もここで過ごしているので慣れない客室よりも安心かもしれません。

夜間は出入り口に鍵がかかり、面会に行けなくなるので、トイレが心配です。

でも仕方ありません。おむつで我慢してもらうことにしました。

 

ペットルーム1

最大6匹まで入れるのですが、この日は2匹だけでした。

しかも、隣り合わせです。お互い、寂しくなくてよかったかもしれません。

 

ペットルーム3

ペットルームの横には、ちょっとしたスペースがあり、お散歩が出来るようになっています。

ワンちゃんだって、狭いところにいたら、体動かしたくなりますよね。

クリスは抱っこしてあげると、ほっとしたような顔をしています。ここでお散歩ができたらいいんだけどね….。

実家では、うまく歩けず、ごはんの時も介助が必要で、随分弱ってしまったな・・・とみんなも心配していましたが、家に帰ってきたら途端にちゃんと元気に歩いています。

やっぱり、自分の家が落ち着くよね。よかった!歩けて…..。

長旅で、大変だったけど、よく頑張りました!!

 

フィギュアスケート観戦

 

フィギュアスケート2

4月7日~9日の3日間、真駒内セキスイハイムアイスアリーナにて、「スーパースターズ・オン・アイスin札幌」が、開催されました。北海道では、フィギアスケートを目の前で見られる事は滅多にありませんので、この機会に是非・・・と思い、発売当日にチケットを買いました。

その頃はまだ、出演者はパトリック・チャンさん他としか発表がなく、誰が来るのだろう・・・と思っていたら、なんと、ソチオリンピックに出場した選手、浅田真央さん、鈴木明子さん、村上佳菜子さん、羽生結弦さん、町田樹さん、それに織田信成さん、小塚宗彦さん、それに金メダリストのアデリナ・ソトニコワ選手、アイスダンスや、ペアの選手などが出演!

「やった—-!!」久しぶりにものすごく嬉しくて、当日がとても楽しみでした。

待ちに待ったこの日、17時45分開場、19時開演でしたが、17時過ぎるとこの行列です。

前売りで席は決まっているはずなのに、きっとみんな待ちきれなかったのかな?

客席は、7500人の観客で埋め尽くされました。

 

フィギュアスケート1

席から撮った写真です。演技は写真撮影等は禁止なので、雰囲気だけですが。

真駒内セキスイハイムアイスアリーナは、1972年(昭和47年)の札幌オリンピックのメイン会場となったところです。今から42年前のことです。やはりだいぶ古めかしい感じがします。

トイレが少なく、長蛇の列ができて係員が誘導していたり、食べ物を売っているコーナーにも長~い行列が出来ていました。

 

ひとりひとり演技が始まります。会場が真っ暗になると、花道からリンクに登場します。

パンフレットなど何もないので、男性か女性かしかわからないのです。

「誰?」「誰なの?」客席では、みんなわくわくしながら待っています。

名前が呼ばれ、リンクが明るくなると大歓声です。

ジャンプやスピンには大きな拍手が起き、曲に合わせて手拍子がわき、出演者がアリーナ席の近くにくると「きゃー!!!」悲鳴に近いような歓声に会場全体が笑いに包まれ、とても楽しい雰囲気です。

中でも羽生結弦さん、浅田真央さんが登場したときは、一際大きな拍手がわき起こりました。

「帰らないで~!!」なんていう声も聞こえました。

初めてのフィギュアスケート観戦でしたが、テレビの画面で見るのとは違う迫力やしなやかさが感じられ、魅了されました。

そして、感動しました。こんな感動ってあるんだなぁ・・・って思いました。

また、見たいと思いました。今度はアリーナ席で・・・無理かな…

 

行者にんにく

 

行者にんにく2

今朝、午前5時の気温は-4℃でした。日中の最高気温は11.7℃で平年並みですが、毎日

風が強く、外の仕事はちょっと寒くてつらいです。私たちが「寒い、寒い」と泣き言を

行っている間に、植物たちはすくすくと元気に育っているんですね。

行者にんにくも、こんなに大きくなって、ちょうど食べ頃です。

春の山菜の一番はふきのとう。二番目が野わさび。三番目が行者にんにくです。

畑の片隅に移植したら、こんなにりっぱになりました。

 

サブローと行者にんにく

庭のあちこちでゴロゴロしていた猫たちも、「何だ、何だ?」と集まってきました。

特に何にでも興味があるサブロー君は、何をしていても近くで見ています。行者にんにく

も近くにきて確認しているようです。

強烈な匂いだなぁと思っているのかもしれません。

収穫して、台所に置いておくと、家中行者にんにくの匂いが充満します。

食べた翌日まで、息に匂いが残ると聞いて、翌日の予定を考えて、食べることにしています。

人と会う予定があるときは、食べないようにしたりして。

 

行者にんにく1

裏山に群生している行者にんにくです。

雪が溶けて少したってから見に行くと、2センチくらい芽が出ていました。いつも次に見に

行った時には、葉っぱが大きくなっていて、ちょっと収穫には遅すぎて食べそこねます。

成長が早いので、毎日見に行かないとダメなんですね。

今年も春の味覚、行者にんにくを食べました。

 

野わさび

これが、「野わさび」です。

木の枝みたいな根っこをすりおろし、ごはんにのせ、醤油を少しかけて食べるのが好きです。

お刺身のためのわさびではなく、野わさびのためにお刺身で食べるといった感じです。

ざるそばも野わさびにすると、ひと味違い、美味しくなります。

すごく辛いのですが、辛味がすぐにとんでしまうので、食卓におろし金をおいて、すりたてを

食べます。行者にんにく同様、毎年食べずにはいられない山菜です。

次の楽しみは、ウド、こごみ、ふき、わらびなどの山菜採りです。

北海道には、自然の恵がたくさんありますね。

 

畑仕事始まる!!

 

畑3

今年は、本当に春が遅いです。今日までずっと朝は氷点下でした。今日は最低気温が

+0.2℃で、氷がはっていませんでした。もうすぐ5月なんですから、もっと暖かく

なって欲しいものです。

そろそろ、畑の準備を始めます。

まずは、トラクターで畑を耕しました。

とても畑には見えませんが、畑なんです。

秋の収穫後、畑は耕さずに、枯れ草をそのままにしておきました。裏山の木からは落ち葉

がたくさんおちるので一緒にトラクターですきこみます。

家の裏側の高台にある畑は、とても眺めがいいんです。家の前の田園風景が一望できます。

 

 

 

飼料

畑全体に、鶏用の特殊飼料をまきます。

ミネラルが豊富に含まれている、カキ化石粉末の天然特殊肥料です。

鶏用、畑用が同じものなのですから不思議ですが、昨年もまいたんです。

続けることで効果が増すらしいので、今年もまたまきました。

 

 

畑2

こちらの畑には、ヤギのユキチャンの麦わらも、全体にまきした。

畑にもたくさんの栄養を与えてあげます。

 

畑1

トラクターで耕したあと、さらにテイラーをかけました。

毎年、化成肥料も有機肥料も一切使わずに、自然のものだけで土作りをしてきました。

何年もかかりましたが、年々土が良くなってきています。

耕したあと、畑を歩くと、土がふかふかです。

この土をひとつかみ取り、ぎゅっとにぎっても、サラサラなので、手に付きません。

今年もおいしい野菜ができますように・・・。

ハウスの補修をしたり、そろそろ種芋の芽だしをしたりと、仕事がたくさんあります。

忙しい毎日が待っています。

 

雨不足と乾燥注意報

水仙

やっと、朝の気温が氷点下ではなくなり、暖かくなってきました。

でも寒暖の差が激しく、昨日は一気に20℃を越え初夏のような気温でした。

家の中も、日中の日差しで夜になっても温かく、今年初めてストーブをつけないで過ごしました。

床暖房は、まだまだ必要ですが・・・。

庭の福寿草の花も終わり、今は、クロッカスや水仙がいっせいに咲き始め、殺風景だった庭もにぎやかになってきました。

 

田んぼが干上がる

今年は、雨が降らないので困っています。

庭の手作りの池はとうとう干上がってしまいました。こんな事は初めてです。

セリやクレソンなどが元気に育ち、カエルがたまごを産み、おたまじゃくしになり、その様子を観察するのが、毎年の楽しみだったので、今年はとても残念です。

カエルに成長すると、みんな夕方になるといっせいに鳴き始めるので、うるさいくらいでしたが、その声も聞こえないのかと思うと寂しいです。

お花の苗を庭に植えても、土がカラカラに乾いていて、なかなか根付きません。

早く、雨が降って欲しいです。

 

山林火災1

そして、ほぼ全道に乾燥注意報がでています。空気がカラカラでです。

あちこちで、山林火災が起きています。町内でも、何ヶ所か火災が起こり、消防車のサイレンもよく聞こえます。

一昨日、隣町に買い物に行ったら、いつも通る幹線道路沿いの山林が燃えていて、消防車が消火活動をしていました。

民家のない場所だったのでよかったのですが。

今日、その場所を通ったら、焼け跡がこんなに広範囲でした。

 

山林火災2

木や熊笹などが焼けてしまっています。

この山林は、ずっと奥まで続いていますが、消火活動によってくい止められたんですね。

本当に、空気が乾燥しているので、火災は怖いです。

いつもの何倍も、火の元には気をつけています。

しばらく、雨の予報がありません。いつになったら恵みの雨が降るんだろう・・・。