8月2015

ノーザンホースパークで流鏑馬

 

流鏑馬1

7月25日、苫小牧市にあるノーザンホースパークで、日光東照宮の400年式年大祭

の記念事業として流鏑馬(やぶさめ)の公演が行われました。

苫小牧市と日光市は姉妹都市交流があり、それが縁で、北海道で初めて

開かれることになったのだそうです。

この日は、生憎の小雨模様でしたが多くの観客が集まりました。

 

流鏑馬2

前半は、しきたりに従い、行列が行き交い、「小笠原流」の射手が射手装束と

呼ばれる衣装をまとい、目の前を通っていきます。

馬は、ノーザンホースパークにいる馬で、練習を重ねてこの日を

迎えたのだそうです。

報道関係の人もたくさん来ていました。

 

流鏑馬4

約250mの直線コースが設けられていました。

行列が復路を歩き終えるといよいよ流鏑馬が行われます。

 

流鏑馬3

途中3ヶ所に設けられた的をめがけて矢を打ちます。

私たちは、一番最初の的が見える場所で見ていました。

最初の射手は、見事に的中!

観客席からは、大きな歓声があがりました。

間近で見る流鏑馬は、圧巻でした。

的を射抜く大きな音も迫力を感じました。

 

流鏑馬5

2番目の馬は、なんと猛スピードで駆け抜け、矢を射る事ができませんでした。

あっという間に、通り過ぎていきました。

観客席からは、違うどよめきのような歓声があがりました。もっとすごい迫力でした。

 

流鏑馬6

大役を果たし、復路は、観客の拍手を受けながら戻っていきます。

 

流鏑馬7

スピードを出しすぎて、反省しているのかな?

ちょっと、首をうなだれ気味で戻ってきました。

 

流鏑馬8

成績優秀な射手には、ご褒美が贈られました。

前日までは、快晴だったのに、雨が降ったのは残念でしたが、大迫力の流鏑馬は

とても印象に残るものでした。

 

特別ポニーショー

 

チッチ君

またしても、話題はノーザンホースパークで行われたイベントです。

夏は、楽しい 事がたくさんあります。

8月上旬、コンサドーレ札幌の選手として活躍するポニーのチッチ君の特別ポニー

ショーが行われました。

今日は、コンサドーレ札幌の選手と初共演ということもあって、ユニフォームを着ての

登場です!

「みんな、拍手してね!!」とご挨拶!

とってもかわいいチッチ君です。

 

チッチ君ゴール!!
普段のポニーショーでも披露している、得意のドリブルシュートで見事にゴールを

決めました。

馬にとっては、鼻先でボールをドリブルするなんて、とっても大変なことなんですって。

 

チッチ君ご挨拶

チッチ君がゴールを決めたところで、コンサドーレ札幌の都倉賢選手と荒野拓馬

選手が登場し、ポニーのムサシ君も加わり、2チームの対抗戦で大いに盛り上がり

ました。

 

ムサシ君

勝った都倉選手にムサシ君から、祝福のチュ~~~!!

このあとのけぞってました(笑)

 

チッチ君1

最後に、チッチ君の華麗なジャンプも披露してくれました。

この日は、ポニーショーの前に、子どもサッカー教室が開催されて、観客席は

超満員でした。

このあとは、現役ジョッキーのライディングショーがありました。

続きは、その2で‥‥。

 

ジョッキーのライディングショー

 

さかい騎手の飛越2

特別ポニーショーの後は、現役のジョッキーによるライディングショーが行われました。

生涯獲得賞金4億円と、大きなレースで優勝したり活躍した元競走馬のデルタブルース

という馬が華麗なジャンプを見せてくれました。

鞍上は、さかい騎手!

まだデビュー前のジョッキーですが、競馬学校では、飛越も教わるのだそうです。

 

さかい騎手の飛越

見事にクリアできました!

最前列に陣取っていた子どもたちからも大きな歓声が湧き上がりました。

すごい迫力でしたね!

 

川田将雅騎手

こちらも、元競走馬です。クリアしました!

乗っているのは、今現役で大活躍の川田将雅騎手。

ふだんは障害レースで乗ることはないので、こうやって飛越もできることに驚きました。

とても貴重なワンシーンでした。

 

騎手による引き馬

最後は、現役のジョッキーによる引き馬です。

私も乗りたかったのですが、子ども限定でした。残念!

 

柴山騎手の引き馬

あと二人、活躍中のジョッキーも加わりました。

引き馬には子どもたちの長蛇の列が 出来ていました。

ジョッキーの皆さんも引き馬を引く機会は滅多にないと思います。

このような事がきっかけで、馬が好きになってくれたら嬉しいです・・・馬が大好きな

私としては・・・。

7月下旬のじゃがいも畑

 

じゃがいも畑1

7月下旬、花も咲き終わったじゃがいもは、品種によって、元気なもののあれば、

枯れてきている品種もあります。

真ん中の元気な緑色のは、マチルダです。いちばん元気です。

 

じゃがいも畑

同じ畑でも、枯れてしまったのはレッドムーン。

1列1列、状態が違います。

じゃがいもは、品種によって短期間で収穫できるものから、晩生で、じっくり

時間をかけて成長するものまで、多種多様です。

 

じゃがいもの実

これは、トマトのようですが、じゃがいもの実なんです。

花が終わったあと、少したつと枝に味がついています。

茎がかれる頃には落ちてしまうのですが・・・

今年は、6月までは少雨で畑がからからになり、7月には雨が続き畑仕事が

できないままでいると草ぼうぼうになり、その後、猛暑の日があり、朝晩の

気温が北海道らしくなく高かったのです。

じゃがいもにとっては、ちょっと過酷だったかもしれません。

もうすぐ芋掘りが始まります。