10月2015

トマトジュース作り

 

トマトジュース作り1

この時期になると、毎年仲間が集まり、町の加工所で自家用トマトジュースを作ります。

こぶしの湯という温泉施設の中にある加工所は、9月は予約がいっぱいです。

うかうかしていられません。予約の電話を入れると、空いているのは9月はたった

2日間だけでしたので、みんな何とか都合を合わせ、作ることが出来ました。

町内外のたくさんの人が、トマトジュースを作っているんです。とまとの収穫時期に

合わせるとなると、やはり9月に集中してしまうので・・・。

完熟トマトをカットし、ミキサーにかけます。そしてこの100キロ釜に入れて加熱します。

皮と実が分離したら、大きなボールに移し、それを今度は業務用の機械で裏ごし

します。再度鍋に入れ、沸騰直前まで加熱します。

そして出来上がりです。塩はまったく入れません。

 

トマトジュース作り2

出来上がったトマトジュースを瓶に詰め、王冠をして、脱気します。

今年もとても真っ赤でおいしそうなトマトジュースができました。

収穫したトマトの味で、トマトジュースの甘味と酸味のバランスが変わってきます。

市販のトマトジュースは、いつでも同じ味です。どうして同じなのでしょうね・・・。

 

クリスの思い出 -1-

 

クリスエス2

11年前、我が家にやってきたクリスエス君。

思い出のページを作ろうと思い、写真を見ていると、改めて色々なことを思い出します。

この頃は、活発で家の中を元気に走り回り、朝夕2回のお散歩もかかせませんでした。

とてもユニークで、おもしろい事がたくさんありました。

 

クリスエス1

おもちゃが大好きで、いつも寝るときは、おもちゃと一緒です。

かごいっぱいのおもちゃを次から次へと持ってきては、遊んで、遊んでと言います。

台所に立って料理をしていると、足元におもちゃがいっぱいになって

いることもしばしば・・・。

投げてあげると、走って取りに行きます。また、投げると取りに行っては持ってきます。

その繰り返しです。楽しそうでしたねぇ・・・。

 

クリスエス3

おもしろい行動もたくさんあり、笑っちゃいます。

いろんなものを持っていっては自分の周りにおいて番をしています。

このときは、ガム、おもちゃ、梱包用のテープをとめるもの、メガネケース、棒、

寝たふりして、様子を伺っています。こちらもそーっと取るふりをすると、あわてて

取り返します。こうやって、いつも遊んだり遊ばれたりしていたんですね。

 

クリスエス4

近くのノーザンホースパークにも、よく行きましたね。

放牧されている馬さんの方から優しい眼差しで顔を近づけてきます。

クリスは逃げることもなく、会話しているようでした。

こんなに大きさが違うのにね・・・。

 

 

クリスの思い出 -2-

 

クリスエス6

いろんないたずらをしましたけど、特にメガネは好きでしたねぇ・・・

何本壊されたかわかりません。うっかりテーブルの上に置こうものなら、すっと

持っていかれます。レンズが取れちゃったり、フレームがゆがんだり・・・。

いつも、メガネを探していました。そんな姿を見て楽しんでいたのかもしれません。

 

クリスエス5

靴下や手袋も好きでしたね。

甘えん坊だったので、いつもかまってほしかったんだと思います。

手袋は、引っ張りあったりするのが好きでした。

 

クリスエス7

専用のペットバスに入るのも好きでした。

顔にシャワーをあてても嫌がらずにおとなしくしていました。

気持ちよさそうにお風呂につかっていましたし。

 

クリスエス8

小さい時からずっと病院に通いました。

小さな病気から、大きな病気まで、ずっと病気と闘ってきました。

血液検査は、何度もやりました。体が思うように動かないストレスから、手首を

舐め続け、皮膚の病気になったときは、包帯をしても無理やりとってしまい、

病院で天敵のチューブを噛んで壊しちゃったこともありました。

治療が怖かったのか、待合室ではいつも待ち時間には震えているのに、

診療が終わり、会計を待っているときはすごくリラックスしていて、みんなに

笑われました。

 

クリスエス9

いろんな所へ行きましたね。

車中泊の旅行、温泉宿にも行きました。お買いものには必ず同行し、海岸を散歩

したり、ラベンダーやチューリップ、芝桜の名所にも行きました。

帰省するときも、寝るときもいつも一緒でした。

長いようで、あっという間の11年半でしたね。クリス、たくさんの幸せをありがとう!

 

今日、我が家にクリスにちょっと似たミニピンの女の子が大阪からやってきました。

もうすぐ2歳になる「むぎちゃん」です。

きっと、クリスが私たちが淋しがらないようにと、引き合わせてくれたのかもしれません。

今度は、2代目むぎちゃんとユキチャンのブログを綴っていきますので、今後とも

よろしくお願いいたします。

 

 

2代目むぎちゃんです!

 

mugi1

10月11日、2代目「むぎちゃん」が我が家にやってきました。

もうすぐ2歳になる女の子です。

大阪から空輸便で、千歳空港に到着しました。初めての長旅です。

大阪では、お父さんやお母さん、兄弟や仲間たちや猫ちゃんたちの大家族の

中で過ごしていたので、ひとりで知らないところを旅し、たどり着いたら知らない人が

迎えに来ていて、さぞ不安だったことでしょう。

このケージに入ってきたのですが、おうちに着いても少しばらくの間出てきませんでした。

そーーーっとしておいたら、自分から出てきました。

まずは、室内の調査開始です。

 

mugi2

あちこち、クンクンとニオイを嗅ぎ周ります。

ひととおり歩き回ると、今度はドアが閉まっている部屋が気になって仕方ありません。

ドアを開けて、様子を確認すると納得するようです。

初日は、今までと違いすぎる環境にとまどい、ケージから出たり入ったりして

いました。私たちも、大丈夫かなぁととても心配でした。その日の夜、ごはんは

しっかり食べてくれ、ひと安心です。

翌日のお昼までは、おうちに入ったまま出てきませんでしたが、お昼ご飯を

食べると、少し元気がでてきました。

 

mugi3

私が少し家の外にいる間に、いつの間にか夫と仲良くなっています。

そして、ずっと抱っこされているんです。

トイレやお風呂に入るとドアの前で待っています。何ともかわいい後ろ姿です。

日毎に、だんだん活発になって、おもちゃのかごから、自分でおもちゃを取り出して

遊びます。おもちゃを投げてあげると、すごい勢いで取ってきます。

先代のクリスエス君は、大人になってからは、足の麻痺で思うように歩けませんで

したが、小さい時はよく歩き回っていました。むぎちゃんの足音を聞くと

何か懐かしいです。

むぎちゃんは、早足でとことことよく歩き回ります。

得意技は、二足歩行で、1回転ジャンプです。2回転するときもあります。

ペットシーツの上では、中腰でドーナツスピン!!3回転です。

笑っちゃいます!!

 

mugi4

とっても甘えん坊で、ずっと膝の上にのっています。

順応性があるんですね。まだ1週間もたっていないのに・・・・

早く慣れてくれたようで、よかったです。

「ねぇ、ねぇ、抱っこして!!」とおねだりしています。

夫も、「しょうがないなぁ・・・」と言いながら、嬉しそうです。

 

mugi5

犬社会で、しっかり規律を教えられて、みんなに愛され、可愛がられて育ったむぎちゃん

ですが、これからはふたりと1匹の暮らしです。

ちょっと淋しいかもしれないけど、仲良く楽しく暮らしていこうね!

むぎちゃん、愛称は「むーちゃん」です。

これからも、むーちゃんとの暮らしぶりを綴っていきますので、どうぞよろしくお願い

します!

 

鶏のアローカナ

 

アローカナの玉子

青っぽい色をした玉子は、「アローカナ」という鶏が産みました。

今年、3月にひなを3羽買いひよこから育てました。もうそろそろ雪だという今頃に

なってやっと玉子を産むようになりました。

寒くなると、鶏は玉子をあまり産まなくなりますので、来年まで産まないのかと

心配になりましたけど、今年のうちにおいしいたまごが食べられてよかったです。

 

アローカナ

にわとり小屋の中には、アローカナをはじめ、名古屋コーチン、烏骨鶏、横斑プリ

マスロックがいます。

横斑プリマスロックは、黒と白の細かい柄のセーターのような模様の鶏で、品種名は

アメリカ東部マサチューセッツ州のプリマスで成立した事が由来だそうですけど、

アローカナは、南米チリ原産の鶏だそうです。

ひとにとても慣れていて、抱っこしてあげるとおとなしくしています。

ちょっと一風変わった顔ですが、とてもかわいいんです。

 

アローカナ2

鶏たちは、玉子を産むと、大きな声で「コケーーーコッコ!!」と鳴いて、玉子を

産んだと知らせてくれます。

1羽が鳴くとみんな一斉に鳴き出すので、大騒ぎ、とてもにぎやかです。

 

烏骨鶏オス

これは烏骨鶏のオス♂です。ほほのブルーと、尾がとても美しいです。

1羽だけしかいないんですけどね。

 

名古屋コーチン

こちらは、名古屋コーチン。

とてもりっぱです。

みんな食欲旺盛で、朝と夕方に餌をあげます。それに草や野菜が大好きです。

夏の時期は、毎日コンテナ一杯の牧草やクローバー、野菜の葉っぱ、発酵飼料を

作ってあげています。

もうすぐ、雪が降るよ。寒いのは、いやだね・・・!!

 

お父さん大好き!!

 

むぎちゃんアルバム

むーちゃんの大阪のお母さんからアルバムをいただきました。

大阪での1年9ヶ月、愛情いっぱいに育てられた思い出が詰まっています。

小さい時は、まん丸でかわいらしく、ワンちゃん達と一緒に写っている写真を

見ると、みんなに可愛がられていたのがわかります。

そのむーちゃんがこちらにきて2週間。

、甘えん坊だったむーちゃんも、すっかりこの環境に慣れ、毎日元気いっぱい

です。

最初の頃は、おとなしい女の子の顔だったのに、何だかだんだん先代のクリスに

似てきたような気がします。今までは自分が守られる方だったけど、今度は自分が

この家を守らなくちゃという意識が芽生えてきたのかもしれません。

精かんな顔立ちに見える時があります。

 

むぎちゃんは待つ!1

でも、お父さんは大好き!

トイレのドアの前で、出てくるまでじっとおすわりして待っています。

その後ろ姿が、何ともいじらしいです。

お風呂に入ると、やはりドアの前でうろうろしながら待っています。

 

むぎちゃんは待つ!2

中がごちゃごちゃとしてるので、ドアを閉めて着替えをしていると、「早く、早く!」

と言っているみたいです。ドアのすき間から中をのぞいたりしています。

 

むぎちゃんお散歩

お散歩もお父さんと一緒です。

家の前の橋を渡って田んぼ道を歩くコースなのですが、まだちょっと怖がって

いるので、お庭の散歩から始めましょう!!

 

むぎちゃん

 

ずっとお父さんにべったりなんですが、最近になって私が食事の支度を始めると

カウンター越しにキッチンの方を覗いています。

「早く、ごはんにならないかな?」って思っているんでしょうね。

もう少し、待っていてね、むーちゃん!!