2月2016

ユキチャンの冬のいちにち

 

ユキチャンお昼寝

今年は雪が少ないので、ユキチャンのおうちのウッドデッキの雪をどかすぐらいで

す。ベンチがお気に入りらしく、天気の良い日は、いつもここで日向ぼっこをして

います。

ひまにまかせて、壁や柱を噛むので、何だかおうちがボロボロです。

春になったら、ペンキ塗りの仕事が待っています。

あんまり、噛まないで欲しいなぁ・・・

 

ユキチャン

こんな顔して日向ぼっこ。

気持ちよさそうです。

ユキチャンは風や雨、雪が苦手なのでちょっと強い風が吹いたら、もう大変!

大慌てでおうちの中へ走っていきます。

 

ユキチャン2

いつのも年は、この時期はまだまだ雪がたくさん積もっていて、土も凍っている

ので、生の草は春まで食べられませんが、今年は2月に草が緑色です。

放牧すると、夢中で食べています。

 

ユキチャンと猫ちゃん

猫たちは、こんな細い塀の上がお気に入り!

猫の日向ぼっこできる棚を作ってあげたのにそこには誰も座らなくてがっかり!!

誰かしら塀の上に座っています。

でも、ユキチャンは、ちょっと気に入らないみたいで、角で脅かしたりしています。

ふだんは、ユキチャンのおうちに、猫たちもお邪魔して一緒に過ごしているのにね。

 

誰の足跡かな?

 

farmnote16-0621230

2月になり、まだまだ寒い日が続いています。

ここ数日は、朝-10℃を下回っています。

でも、日差しは強くなり、風がなく天気のいい日は、背中がポカポカして熱い

くらいです。

 

farmnote16-0571221

畑には、まだ雪が20センチくらい積もっています。

動物が歩いた足跡もくっきりと残っています。

この畑は、家の前にあるのですが、上の畑の奥の林から歩いて、庭を通り、

ユキチャンのおうちの横を通り、この畑にきたようです。

動物が庭を歩く姿は、まだ一度も見たことはありませんけど、暗い時間に

こっそり歩いているんですね。

 

farmnote16-0581222

どの写真も、みんな微妙に歩幅や大きさが違います。

畑に出没する動物といえば、キタキツネ、たぬき、アライグマ、シカですが、

どれが何だかよくわかりません。

もっと積雪量があると、キタキツネやたぬきは、しっぽの跡ですぐわかるん

ですけどね。

 

farmnote16-0591224

今日もプラスの気温で、また少し雪が溶けました。

今日は風もなく暖かかったので、畑に草木灰をまきました。

春に向けて、ほんの少しづつ畑の準備を始めます。

 

厚真町スターフェスタ

 

ランタンまつり1

2月6日(土曜日)、厚真町の温泉施設「こぶしの湯」駐車場で、ランタンまつり

とスターフェスタが開催されました。

駐車場へと続く道路の斜面には、町民が作ったランタンが飾られています。

 

ランタンまつり2

こぶしの湯の前の広場には、氷の滑り台ができていて、子供たちに大人気!

行列ができていました。

時々大人も滑っていましたが、勢いがついてかなり遠くまで行っちゃいました。

会場では、毎年恒例のラーメン早食い競争や、年男年女による豆まき、餅まき

などが行われました。

 

干支文字焼き

午後7時、雪原に今年の干支の「申」さるが浮かび上がってきました。

真ん中にあと1本横ぼうが入ると、完成です!

写真では、大きさがよくわからないと思いますが、かなり大きいんですよ。

干支文字焼きが出来上がったところで、お待ちかねの花火です。

 

スターフェスタ4

干支文字焼きの雪原から、2000発の花火が冬の夜空に打ち上がりました。

この日の気温はー7℃。じっと立って見ていると、だんだん寒さが身にしみてきます。

帽子、マフラー、マスク、ヒートテック、ダウン、カイロなどなど完全防備で行った

つもりなのですが、足元、うっかりしてました。つま先からじわっと冷えてきます。」

来年は、足元の防寒も忘れないようにしないと・・・。

 

スターフェスタ3

でも、毎年この催しには行っていますが、気温はこれでも暖かい方かもしれません。

何年か前には、-17℃という時もありましたから。

それはそれは寒くて、手がかじかんでカメラのシャッターがうまくおせなかった

のを覚えています。

 

スターフェスタ2

会場の一角には、ジンギスカンを食べてビールを飲めるコーナーがありました。

この寒空の下、ジンギスカンで盛り上がっている人達がたくさんいたようです。

見るだけでも、寒そうです。

花火は、寒かったけど、とてもきれいでした。

 

スターフェスタ1

年々、このお祭りに町外からも多くの人が来るようになったようです。

次に花火が見られるのは、初夏に行われる町のおまつり!

やっぱり、生ビール片手に見られるのがいいかな。

 

むぎちゃんの晩ごはん

 

mugi16-0332188a

むぎちゃんは、コタツの中もお気に入り!

ストーブの前、ソファー、こたつの中・・・冬の定位置です。

こたつをそっと覗くと、真横になって思いっきり伸びて寝ています。

爆睡かと思うとそうでもないようですよ。

ちゃんと外の様子は聞いているんですね。夕食の準備を始めるとあわてて飛び出して

きます。

 

mugi16-0192171a

そして、私の足に手をかけて、自分が「ここにいますよ!気がついてくださいね!」

とアピールしています。

ちょっとじらして気がつかないふりをしていると、手でトントンとたたいてみたり、

手で押してきたりします。

「むーちゃん、来たの?」というと「わかってくれた?」なんて言っているようです。

 

mugi16-0212174a

自分がここにいるのをわかってもらったら一安心!

何を作っているのかな?

横に並んでしばらく見ています。

 

mugi16-0282183a

野菜をちょっとだけもらえることもあります。

ほんの少しもらうだけで満足して、またこたつの中でごはんができるのを待っています。

 

mugi16-0207036a

やっと、待ちに待ったごはんです!

くるくると回って喜びを表現しています。

でも、”おすわり!”の号令で座り、次は”待て!”でしっかり待ちます。

そして、いよいよ 「よし!!!」で食べ始めます。

最初の頃は、ゆっくり食べていたので、やっぱり女の子はガツガツ食べないんだね

~なんて話していたのですが、今はあっという間に食べ終わっちゃいます。

 

白鳥とタンチョウ

 

blog16-0763170a

先週、日高方面へ出かけた帰り道、隣のむかわ町を通った時、畑にたくさんの

白鳥が飛来しているのを見かけました。

雪が積もっている畑なので見えにくかったのですが、車から降りてよく見ると

広大な畑に、相当な数のオオハクチョウが羽根を休めています。

畑には、穀類など食べるものが落ちているのでしょう。しきりに何か突っついて

食べています。

 

blog16-0284067a

オオハクチョウの群れをよく見ると、タンチョウがいて驚きました。

冬にタンチョウが見られるのは釧路や鶴居村など道東だとばかり思っていたので

まさか、近隣で見られるとは思ったこともありませんでした。

むかわ町のHPを見ると、平成23年に飛来した番(つがい)のタンチョウが、

平成25年に1羽、26年に1羽産んだ子供が成長し、むかわ町を拠点に親子4羽で

生息しているのだそうです。

 

blog16-0364087a

4羽いたのですが、なかなか一緒に撮れなかったのが残念です。

むかわ町では、タンチョウを学ぶ講習会なども行われているようなので、町民の

皆さんは親子のタンチョウの事はご存知なのでしょう。隣町にいながらぜんぜん

知りませんでした。

 

blog16-0743166a

数年前には、私の家の前の田んぼや畑にも、白鳥が飛来しましたが、今は

1羽も見かけなくなりました。

厚真町を通過して、隣町に行ってしまったのですね。

オオハクチョウは、みんな一斉に鳴くので、すごい鳴き声が聞こえていました。

 

blog16-0054015a

白鳥の飛来は短く、1週間くらいでまた次の飛来地に飛んでいってしまいます。

タンチョウは暖かくなったら、どこで過ごすのか気になります。

また来年も姿が見られるといいなぁと思います。

元気でいてね!