5月2017

ディマシオ美術館に行く!

 

blog17-0520084

ゴールデンウィークも終わり、畑仕事も日毎に忙しくなってきました。

農家にとっては、この長~いお休みは、ハウスの中の作物の管理などもあり、

ゆっくりとどこかに・・・なんてちょっと無理なんですよね。

でも、少しだけ連休を楽しみたい・・・。

という訳で、近場で、まだ行ったことがなく、気になっている所に行ってみることに

しました。遠出はできなかったけど、近くでけっこう楽しいひと時を過ごすこと

が出来たと思います。

まずは、馬産地の新冠町にある「太陽の森 ディマシオ美術館」に行きました。

 

blog17-0320057

そこは、山奥の小さな里の美術館です。

本当に山奥なんですよ。何もない山道を20km以上走ったところにぽつんと建っています。

この美術館は、小学校だった校舎を改修して作られたのだそうです。

かつての小学校の運動場だったところは、彫刻庭園になっています。

「あ~、びっくりしたぁ!!」

入口前のベンチに誰かが寝ています。

よく見ると、彫刻です。人が寝ているのかと思いました。

 

 

blog17-0340061

高さ9m、幅27m、世界最大の油彩画を展示してあります。

天井と床と壁面を囲む奥行3.5mの鏡張りが完成したことにより、ディマジオによる

1万年後の世界を2万年後の未来から追走した初めての「無限の世界」、人と宇宙と

自然が一体となれる空間が現実した。‥‥とパンフレットに書いてありました。

圧巻の油彩画です。

 

blog17-0380069

一日に数回、この油彩画で、光と音の演出プログラム「宇宙の謎、神秘の美しさ

光の不思議に迫る」が行われています。

 

blog17-0460077

館内には、ヨーロッパ幻想絵画の鬼才、ジェラール・ディマシオ氏の幻想絵画が多数展示されています。

ディマシオ氏の作品には、陶器か、壁の破片が飛んでいるように描かれている事が

あるようですが、それは他にあまり類がなく、こうした浮遊物体は、作品の構図に

バランスと方向性を与えているのだそうです。

本当に、立体的に見えます。不思議ですね。

それから、画面のサイズが大きいこと、作品の題名がないことも特徴と言えるのでしょう。

 

blog17-0480079

理解するのは、少し難しかったけど、山道を走り続けて、来て良かったと思いました。

ゆっくりと、穏やかに過ごす事ができました。

 

伊達市の桜は・・・

 

blog17-0232164

連休中、近くの桜はまだ咲く気配もありませんでしたが、桜前線も函館を過ぎた

と聞き、伊達市の有珠善光寺に行ってみる事にしました。

ただ、インターネットの情報は「咲き始め」と書いてあり、やや不安もありましたけど。

連休とあって、駐車場に入る車の大行列ができていました。

駐車場から歩いて本殿まで行くと、あ~やはり!!情報は当たっていました。

ホントに咲き始めです。

有珠善光寺は江戸時代に棟造、増築された本堂・客殿が現在も拝観できます。

お花見スポットとしても有名なところです。

 

blog17-0382191

やはり、桜は馴染みがあるソメイヨシノが見たいです。北海道でソメイヨシノが見られる

のは、函館、伊達、札幌や美唄、まだあるかもしれませんが、知っているのはその辺

で、家の近くでは見ることができません。

伊達市内を車で走っていると、川沿いの桜並木を見つけました。

思わず車を停めて、川沿いを歩きました。

ちょうど満開で、とても綺麗でした。ちょっと満足しました!

 

blog17-0432199

館山公園というところにも寄ってみました。

きれいに整備された公園で、目の前には山が見え、山桜の木も多く見られて

とてもいいところでした。

来年は、シートとお弁当を持ってお花見にこようかと思います。

愛犬むぎちゃんは、芝生が気持ちよかったのか、思いっきり走り回り、リードを持つ

手を引っ張り、一緒になって走り回り、久し振りに私たちもいい運動になりました。

 

blog17-0562223

帰りに伊達の道の駅に寄ったのですが、ソメイヨシノが満開でした。

しかも花がこんなにひとかたまりになって咲いているのも珍しいなと思います。

目的地の桜は見頃ではなかったけど、こんなきれいな桜も見られて、お花見を

満喫した気分になりました。

 

blog17-0252168

お昼に、伊達市内の「そば順 伊達本店」のたこ天ざるそばを食べました。

たこ天で有名なお店らしく、お昼時だったのでだいぶ待ちましたけど、薄切り

ではなく、ぶつ切りのたこの天ぷらは美味しく、待った甲斐がありました。

 

安平町・鹿公園

 

blog17-0135025

ゴールデンウィークも過ぎた頃、ようやくこの辺の桜も見頃を迎えました。

隣の安平町の「鹿公園」のヤマザクラも満開できれいでした。

整備された公園で、静かでいいところです。

広場にはステージもあり、近くにはキャンプ場もあり、ドッグランもあります。

 

blog17-0435093

池もあり、水面に見えるのはスイレンです。

スイレンが咲いたらきれいなのでしょうね。

池の近くには、エゾシカがいます。だから、鹿公園なんですよ。

 

blog17-0175033

誰かが、摘んできた山菜をあげると、鹿が全員集合です。

柵から顔まででています。周りには草も生えているのに、シカの柵の中だけ

緑がありません。

きっと、シカたちが、みんなで根こそぎ食べちゃったのかもしれませんね。

 

blog17-0275053

うちの裏山にも、シカがいます。冬は畑に足跡が残っているので歩くルートもわか

ります。でも、姿は一度も見たことがありません。

こんなにかわいい顔をしているのですね。

今、冬毛の生えかわりですが、もう少しすると、茶色のきれいな毛並みになるんだと

思います。

 

blog17-0735138

桜の木の下のエゾシカ。

なかなかいいですね。

また、行こうかな・・・今度は池のほとりのベンチでお弁当食べたいな・・・。

 

畑を耕す

 

farmnote17-0955170

周りの米農家は、田植えで大忙しです。

ビニールハウスで種から育てた稲を、軽トラックで田んぼまで運び、田植機

で植え付けていきます。

今年は、暖かかったので稲も順調に生育したようです。

 

farmnote17-0935166

当農場のじゃがいもの苗も順調に育っています。

4月下旬にポットに植え、ビニールハウスで育てました。

大きくなった品種から、畑に植えていきます。

 

farmnote17-0246046

畑は、テーラーで耕します。

小型だけど、強力な味方です。酷使してかわいそうですが、故障もなく、よく

働いてくれます。4月上旬に耕した畑は、また草が生えてきたので、もう一度

耕すと、こんなにきれいになります。

 

farmnote17-0226043

じゃがいもを植え付ける時も、肥料は一切使いません。

だから、土を良くすることをいつも考えています。雑草は畑で乾かして土と混ぜたり

アミノ酸も撒いたりしています。

上の写真の穴は、テーラーを押して歩く私の足跡です。

土がふっかふかです。

これで、植え付けの準備は整いました。

 

farmnote17-0266050

ゴールデンウィークが終わると、やっとお店に野菜苗が並びます。

ビニールハウスの中は、自家用野菜を植えるのですが、種も植えなくてはい

けないし、あっちもこっちもやることが多すぎて、とても忙しい期間です。

朝、ハウスの水やりに行くと、野菜苗の葉や、芽を出した葉に穴があいています。

誰の仕業かわからなかったのですが、ついに犯人を見つけました。

想像もしなかった「かたつむり」です。葉を食べるなんて知りませんでした。

北海道も以前に比べると、暖かくなりました。そんな影響なのか、今まで

見たことがないような、虫や昆虫を見かけるようになりました。

 

 

鹿公園のドッグラン

 

mugi17-0105020

桜の名所でもある鹿公園のすぐ近くに、キャンプ場があります。

駐車場の隣には、ドッグランもあるんです。

最近できたみたいで、まだ新しく、きれいに整備されています。

今日は、誰もいません。

むぎちゃん、独り占めです。

 

mugi17-0075012

今日も、思いっきり走り回りました。

町内にドッグランはありません。でも近隣には少しづつ増えてきています。

ペットと一緒におでかけする人も多いですからね・・・。

 

mugi17-0035005

こんなに広いんですよ。

塀も高いので、すごいジャンプ力のむぎちゃんも安心して遊ばせることができ

ます。

 

mugi17-0315059

思いっきり遊んだ後、鹿公園の鹿を見に行きました。

エゾシカの子供がむぎちゃんに近づいてきました。

むぎちゃんは、初めて見るエゾシカをじーっと見ています。

 

mugi17-0565107

大きな馬は、怖がらないで顔を近づけていくのに、このふたりの距離はこれ以上

縮まりませんでした。

また来るね!