11月2018

家は全壊…

 

hukkou0115019

「家は倒れなくてよかった~」と思ったのもほんの少しの間だけでした。

家の基礎は何カ所も壊れています。

見れば見るほど、受け入れがたい現実です。

 

hukkou0183033

モルタルは剥がれ落ち、窓ガラスもはずれて倒れていました。

家の裏側のお風呂の壁は、大きな亀裂で中が見えています。

衝撃で斜めになってしったお風呂には入ることができなくなりました。

 

hukkou0984151

地震からしばらくして家屋調査がありました。

うちは、自宅が「全壊」、納屋が「半壊」の判定でした。

離農した古い家をやっと手に入れ、半年かけて自分たちでリフォームし、楽しく

暮らしていた家だったのに、もう住むことができなくなってしまいました。

本当に残念で、悲しいです。

ほんの一瞬で、突然家を失ってしまいました。

 

hukkou0065010

ボロボロだった和室の基礎をコンクリートをこねて直し、サンルームを増築しました。

気に入っていたこの場所も陥没で傾いてしまいました。

ほぼ震源地だったので、この地区の被害は特に大きかったのです。

同じ地区でも新しい家は何ともなかったのですが、古い家は地震の被害が

大きかったようです。

 

サバイバル生活の始まり!

 

hukkouDSC1299

すぐに復旧するかと思われた電気、ガス、水道…。

何日たっても復旧する気配もありませんでした。

家の中は物が散乱したままで、余震も多発し、怖くて中にはいられません。

キャンプ道具は揃っていたので、庭にテントを張りました。大きい方が私たち。

小さい方は、(=‘x‘=)猫たち用です。

停電が続いていたので、昼間は家の中を片付け、暗くなる頃には外のテーブルで

カセットコンロでレトルト食品を温めて食べ、夜はテントで寝ました。

でも、寝ている時に大きな地震があり、揺れるたびに急いでテントのファスナーを開け、

愛犬むぎちゃんを抱きかかえ、外に出て道まで走りました。

何度も何度も、そんなことがあると怖くて寝られませんでした。

 

hukkou0945164

土砂崩れで道は通行止めですから、車が通れません。

何とかお隣の庭を通らせてもらい、車を道路まで行くことが出来ました。

 

hukkou0166027

その日から、車中泊が2ヶ月続きました。

最初の頃は、車の中は少し安心できましたが、いつでも逃げられるような向きに止め

て寝ていました。

停電なので、のんびり晩酌という気分にもなれず、夕食を食べてからの夜の時間が

長かったです。いつもなら夜遅くまでパソコンの前に座っているのに、何もできないの

ですから…。

 

hukkouDSC1303

断水は1ヶ月以上続きました。

お水は、給水所にもらいにいきました。自衛隊の方はとても親切で、駐車場まで

ポリタンクを運んでくれました。容器もくれたので、一度に車に積めるだけ積んで

きたので、そんなに辛い思いはしませんでした。

お風呂は銭湯に行ったり、温泉に行ったりしていました。

トイレは簡易水洗だったので、お風呂の残り湯を利用して使うことができたのは

よかったです。

 

hukkouDSC1314

避難所の前には、いつも多くのテレビ局のスタッフがカメラをまわしていました。

避難所には行きませんでした。

愛犬むぎちゃんがいるし、動物たちをおいていけないからです。

余震は怖かったけど、ねこたちの仕草に癒されながら、元気に明るく笑いながら

過ごしてこられました。不思議なくらい落ち込むこともありませんでした。

落ち込んでいる暇がなかったと言ったほうがいいのかもしれませんね。

 

掲載された写真

hukkou0035004

毎日新聞の全国版の一面に車中泊の写真が掲載されました。

その日、地元のテレビ局の取材を受けていると、寡黙なカメラマンが現れました。

思い返せば、明るい時間から暗くなるまでずっと一緒にいたような気がします。

取材スタッフが帰ったのは暗くなりかけた頃。

それから、外のテーブルでレトルトのカレーを温めて食べるところ、車で寝るところ…

どのくらいシャッターを押していたのでしょう。

取材を受けたりするのはとても苦手なのですが、バチバチと撮られても不思議と

嫌な感じがなかったのは、寡黙な中にいい写真を撮りたいという気持ちが伝わってきたから

なのかもしれません。

そのたくさんの写真の中から選ばれた1枚。

翌日の朝刊に掲載されるからと言い残し、カメラマンさんは帰って行きました。

 

翌日、コンビニに新聞を買いに行きましたが、売り切れで買うことができませんでした。

避難所にも何部か置いてあるのですが、その日は見当たりませんでした。

受付で自分たちが載っている新聞なので手に入れたいと伝えると、避難所の

中で聞いてくれました。「持って行っていいよ」と譲ってくれる人がいて新聞を

手に入れることができました。だから、ちょっと新聞はヨレヨレ(^_^;)

 

写真は、とてもいい写真だと思いました。

こんなふうに撮ってくれたんだ・・・すごく心を打たれました。

文章で書かなくても、見る人に思いが伝わる写真だと思いました。

そして。写真ってこんなにいろんな事を伝えられるんだなぁと思いました。

カメラマンさんには、感謝の気持ちを伝えたい…。

ありがとうございましたって。

 

「しらせ」の入浴支援

 

hukkou0643104

海上自衛隊の南極観測船「しらせ」の一般公開が9月8日、9日に予定されていましたが、

北海道胆振東部地震が起きたため、一般公開は中止になり、被災者支援で

入浴、携帯電話の充電、給水などの生活支援を行ってくれました。

 

hukkou0653105

一般公開を楽しみにしていたのですが、見学ではなくて入浴ができるなんて…。

「しらせ」は、南極観測船で海外活動が長いため、災害派遣に参加するのは

珍しく、初代「しらせ」の三宅島噴火(1983年)以来2回目なのだそうです。

 

image

地震から2日目。やっと着替えることが出来ました。

人数を調整してくれていたので、ゆっくり入浴することが出来ました。

湯船が深かったです。船員の皆さんはこのお風呂に入って長旅の疲れをとって

いるんですね。

 

hukkou0863141

輸送艦「おおすみ」も停泊していました。

大型トラック、油圧ショベル、ブルドーザー、自衛官などを乗せて仙台から

災害派遣できたのだそうです。

お風呂に入ったあと、お風呂セットを持って、サンダル履きで「すごい、大きいねぇ」などと

話しながら、ちょっとわくわくするような時間を過ごせました。

ありがとうございました!

 

食事

 

hukkouDSC1301

地震のあと、初めて食べた食事です。

気が動転という感情でもなかったけど、おなかはすきませんでした。

でも何か食べておかなくては・・・という気持ちで避難所の前で配っている食事を

もらって食べました。

 

hukkou0084015

何日かあとの朝食です。紙コップにはお味噌汁が入っています。

 

hukkouDSC1458

また何日後かの朝食です。

温めて食べるパックのごはんと鮭の缶詰とお味噌汁という昼食もありました。

家は10日後くらいで片付けがだいだい終わり、家の中を歩けるようになりましたが、

大きな余震が続き、ライフラインが復旧しないままだったので、食事は外のテーブルで

ずっと食べていました。

ラジオを聞きながら、キャンプ用のガスでお湯を沸かしたり、レトルト食品を温めた

りして食べていました。

洗面道具も外に置き、毎日がキャンプ生活でした。

ずっとテレビも見られなかったので、テレビで流れている厚真町の様子も

知らないままでした。

 

hukkou0145022

夜は、余震がくると怖くて、すぐに下の道に置いている車まで走って逃げました。

未だに、夜の余震はものすごく怖いです。

 

テレビの取材

 

hukkouDSC1419

厚真町は、人口約4700人の過疎化の町ですが、地震直後から自衛隊、災害救助の

方、ボランティアの方、他府県から応援の警察や消防、役所の職員など大勢の

方がこられて力を貸してくれました。

一番多い時で町の人口の10倍の4万6千人だったそうです。

そして、とても多かったのは、報道関係者です。

ローカル局の人は自社の中継者できましたが、他府県のテレビ局の人は、レンタカー

だったり、タクシーだったりするので、車の台数も多く、交差点で渋滞が発生しました。

厚真町での自然渋滞は初めてのことではないでしょうか・・・。

 

hukkouDSC1414

上空では、ヘリコプターが一日中何機も飛んでいました。

ずっと停電だったので、テレビの中継も報道も全く目にすることはありませんでしたが、

中継したり、写真を撮ったりしていたのだと思います。

最初は、全社土砂崩れ現場の方に取材に行っていたようですが、そちらの方で

一区切りになった途端に、今度はこちらの方にテレビ局が取材に次々とやってきました。

 

hukkou0235039

突然来た取材班に、物が散乱した家の中を案内し、裏山の土砂崩れを見せて

インタビューに答え、とっても時間を取られます。

何時間も、あれやこれやと撮影し、放送はほんの数分。しかも停電で自分では

見られないときています。

3日間くらい、時間を取られ、その分片付けも進みませんでした(^^;;

これは「報道ステーション」の撮影風景です。

この番組は、放映日を知らせてくれていたので、実家や兄弟、友人に教えておいたので

実状が言葉よりリアルに伝わり、よかったです。

でも、よくわかった分、心配はかけてしまいますが…。

 

hukkou0495085

情報ライブ ミヤネ屋のリポーターの中山さんまでやってきました。

スタジオの宮根さんと生中継で、やりとりがありました。

 

hukkou1314

避難所の前には、多くの報道関係者がカメラを構えています。

給水所に行っても、配給の食事をもらうときも、左右を確認し、カメラに映らないように…

福祉センター前の賑わいは、すごかったなぁ…。

 

動物たち

 

hukkouDSC1300

地震があった日の朝、明るくなってから、ヤギのユキチャンのおうちを覗いてみると

ベッドを前にだし、隅っこに座っています。

もう少したったら、出てくるだろうと思っていたら、一日中このまま引きこもっていました。

大好きなうさぎのペレットをあげても、葉物をあげても、一番好きな青米をあげても

食べません。

 

hukkouDSC1417

震度7の地震は、ユキチャンも怖かったのでしょうね…。

でも、1日たったらすっかり元気を取り戻し、食欲もすっかり元通りに戻りました。

よかった!

 

hukkouDSC1597

ミニチュアピンシャーのむぎちゃんは、地震が起きたとき、私たちが慌てて起きて

抱きかかえると、おしっこをしてしまいました。

むぎちゃんは、過敏なので地震の揺れが怖かったと言うよりも、私たちが怖がったり

あわてたりするのが、不安でこわかったのかもしれません。

その後、家は被災しテントに寝ていましたが、余震のたびに飛び起き、テントの

ファスナーを急いで開け、飛び出す事がひと晩で何回もありましたので、ますます

怖がりになり、私たちから離れなくなりました。

余震が怖くて、テントはあきらめて、車の中で寝ることにしました。

停電なので、夜は何もできず夕食を食べたら9時には車に行き、ラジオを聴いたり

していました。

むぎちゃんも、車中泊にはすぐに慣れ、熟睡していました。

 

hukkouDSC1464

困ったのは昼間、むぎちゃんのいる場所がなくなっちゃったこと。

猫カフェにかごを置いてちょっと我慢してもらいました。

 

hukkouDSC1298

ユキチャンやむぎちゃんはダメージが大きかったのですが、猫たちは何事もなかった

ようです。

でも、おうちがある勝手口は、ドアがはずれ、あちこちに亀裂が入り、天井が少し

落ちています。しばらくの間、猫たちもテント生活です。

初めてのテントですが、けっこう気に入ってくれました。

 

hukkou0433070

陥没なんて気にしない…知らん顔して歩いています。人間が歩きにくいところも

遊び場になっています。

 

hukkouDSC2038

中段の畑は陥没がひどく、3分の1くらいが2mどーんと下に落ちています。

そこでも、上がったり下がったりして走り回っています。

家の中のセキセイインコはかごが床にひっくりがえって落ちていましたが、元気でした。

うずらの小屋は、束石から落ち斜めに傾いていましたけど、ボランティアさんに

手伝ってもらって直すことができました。

無事だったのは、鶏小屋だけです。

みんな元気でほっとしました。

 

「はくおう」の入浴支援

 

hukkou0096014

9月13日に防衛省が、民間船舶「はくおう」を活用した入浴支援を行ってくれました。

場所は、苫小牧西港北ふ頭です。

とても大きな船です。なかなかお風呂に入れず、1週間ぶりの入浴は気持ちよかったな~。

 

hukkou0136022

港の駐車場から、マイクロバスに乗って、船内に入りました。ちょっとワクワク♪です。

自衛隊のトラックが小さく見えます。

エレベーターで受付へ…。

お風呂は、人数を調整して入れてくれたので、ゆったりと入ることができました。

大きなお風呂で、窓から海も見えてとても気持ちがよかったです。

 

hukkou1583

ロビーでは、血圧の測定や健康相談もありました。待ち時間に血圧を測ってみたら

わぁ、大変!!隣の健康相談に流れ込んじゃった。

ストレスから高くなることもあると・・・気をつけなくちゃ(^^;;

 

hukkou1590

ゆっくり入浴してあがってくると、夕食も用意されていました。

お腹もすいていたので、ありがたく、いただきました。

 

hukkou1593

ごはんを食べながら、演奏会も開かれました。

とてもリラックス出来たひと時でした。

自衛隊のみなさん、ありがとうございました。

 

先代クリスが守ってくれた…

 

pet18-0286094

初代愛犬クリスエス。

先天性の白内障で若い時から目が見えませんでした。

大人になってからは、頚椎にできた腫瘍により、後ろ足が麻痺して歩けませんでした。

それでも、ずっと病院に通いながら、頑張って頑張って11歳まで生きていてくれました。

本当にかわいいワンコでしたよ。いつも抱っこしていて何処へ行くのも一緒。

たくさんの思い出が残っています。

 

pet18-0326103

家のすぐ横の庭にお墓がありました。

先日の地震で裏山が土砂崩れを起こし、家の裏側にある畑は大きく陥没しました。

亀裂は、裏山から下の畑まで続いています。

家からわずか2m!もう少し家の方にずれていたら、家は倒れていたのかもしれません。

亀裂の入ったところは、陥没して1mもどーんと下に落ちました。

 

pet18-0346106

愛犬クリスエス君のお墓は陥没で落ちたところにありました。

あと少しのところまで陥没が迫っていましたがお墓のある場所で止まっていました。

私たちを陥没から守ってくれたのだと思いました。

 

pet18-0224044

きっと、天国へ続く橋のたもとで、私たちを待ちながら、見守っていてくれているのね。

ありがとう!クリスエス君!

亡くなって3年…まだまだ忘れられないな・・・。