12月2018

家の前の畑にタンチョウが…

 

farmnote18-0816171

9月下旬、家の前の畑にタンチョウが飛んできました。

隣のむかわ町で、真冬に2羽のタンチョウが飛来した白鳥に混じっていたのは

見たことがありますが、こんな近くで見たのは初めてです。

カメラを持って、そっと近づくと、何気なくそーっと遠ざかるので、いつまでも

距離が縮まりません。

 

farmnote18-0996205

牧草地で、何かを食べています。

右足には、標識がついています。

写真を拡大し、番号を調べると「318」

「足輪を付けたタンチョウの記録」を見ると、出生地は厚真町、

生年は2017年と書いてあります。

まだ1歳なんですね。

 

farmnote18-0876182

リストの出生地は、ほとんどが釧路市動物園、釧路湿原、十勝川流域や白糠町

など、ほとんどが道東生まれです。その中で、1羽だけがなぜか厚真町生まれ。

この日、ほんのわずかな時間、見かけただけで、その後はもうどこかへ行って

しまい、見ることはありません。

元気で、また来年来てくれるといいな(^O^)

 

無数の土砂崩れ

 

hukkou0027003

裏山の土砂崩れ。

こんなに低い山が崩れるなんて誰も想像しなかったことです。

 

hukkou0397072

土砂崩れで通行止めだった道路も、重機で土をどんどん寄せていき、数日で

通れるようになりました。

この陥没して通れなかった道も、重機でならしてもらい、やっと車が通れるように

なりました。

この日から庭で車中泊ができるようになりました。

 

hukkou0457080

ずっと、停電でテレビが見られなかったので、新聞の写真で見るだけでした。

友人が、実際に見た方がいいと言って、町内の土砂崩れがひどかった方面に

連れて行ってくれました。

実際に見て驚きました。あまりにも多い土砂崩れ。土砂が流れ込んだ田んぼ、

なぎ倒された木々…信じられない光景でした。

何も言葉が出てこなかった・・。

 

hukkou0427077

稼働して数日の浄水場には、タンクだけがきれいに残っていました。

ひどいです。

 

hukkou0507089

回り道をしたり、通行止めを迂回したりしながら、厚幌ダムまで行きました。

遠くにはダンプカーが横たわっているのが見えます。

 

hukkou0527093

至るところで土砂崩れが起きています。

町の風景がずいぶん変わってしまいました。また元通りの山林に戻るのは

ずっと先なのでしょう。

 

畑の陥没

 

farmnote18-0032075

畑の横の土砂崩れ。今まで木があって見られなかった景色はとてもきれい。

裏の畑は、造成していて助かったけど、そうじゃなければ裏山が全部崩れ、

私たちも家ものみ込まれていたでしょう。

 

farmnote18-0012072

上の畑は、大きく陥没しています。裏山の木が倒れ、土がせり出してきて

ハスカップの木が土砂で埋もれてしまいました。残念・・・

 

farmnote18-0052080

2段目の畑は陥没が広がっています。

最初は川のように割れていただけなのに、こんなに亀裂が広がり2mくらいの

段差ができ、畑の半分は陥没で下に落ちました。

ここは、キクイモ畑。

収穫はしていませんでした。

あっちもこっちも陥没がひどく、来年は造成しなくては畑が使えません・・・。

 

farmnote18-0302128

あと3列…、じゃがいもが畑に残っていました。

栗の木が倒れていたので、チェンソーで木を切ってもらい、収穫することができま

した。

猫たちは、畑が遊び場です。古株のおばあちゃん猫のチビ子は畑仕事の傍らで

気持ちよさそうにお昼寝中!!時々邪魔されるけどね。

 

猫たちはいつも通り

 

pet18-0372137

裏山は木が倒れたり、陥没があったり。

猫たちにとっては格好の遊び場になっています。

倒れた木は、ちょうど登ったり爪をとぐのにちょうどいいらしい(^O^)

 

pet18-0512159

家の前の坂道は、砂利のような砂のようなものを敷いて陥没箇所を直してもらい

ました。その地面の感触が気に入ったのか、そこでみんなゴロゴロしています。

 

pet18-0432144

あまり目がよく見えないおばあちゃん猫のもんきちは、ハーブが大好き!

いつもあちこちでかじっています。

おいしい?

いつも通りにしている猫たちに癒されます。

 

がんばれ、むぎちゃん!!

 

pet18-1452

地震が起きた時、むぎちゃんを抱え上げると、おもらししてい

ました。よほど怖かったのか、しばらく震えていました。

真っ暗の中、外で明るくなるのを待っている間、ずっと抱っこされたままおとなしく

していましたね。リードが荷物の山に埋もれていてなかなか出てこなくて、それから

何時間もずーっと抱っこ。本当に怖かったね。

その日から、テント生活が始まったけど、大きな余震があるたびに、布団から飛び起き

テントのファスナーを大慌てで開けて、むぎちゃんを小脇に抱えてラグビー選手のように

下の道まで走る・・・。何度繰り返したことか…。

余震の度に「地震~!」と大声を出すとむぎちゃんもすぐに逃げる準備をするように

なりました。

 

pet18-1375

テントで寝るのは怖かったので、4日目からは前の道に停めてある車で寝ることに

しました。むぎちゃんも一緒です。

最初は戸惑っていたようですが、すぐに車中泊も慣れ、爆睡してました。

家の中で寝るより楽しそうでした(´▽`)

 

pet18-1376

通行止めで車が通らなかったので、お散歩は道路の真ん中を歩いてご近所の

家まで行ってきました。

 

pet18-1554

いつもは家の中にいるのに、家の中はまだぐちゃぐちゃで、むぎちゃんの居場所が

ありません。

地震以来、ひとりになるのをとても嫌がるようになりました。ひとりになると不安なんだと

思います。だから、いつも近くにいるようにしました。

 

pet18-1556

家の中の片付けをしている時は、ウッドデッキの籠の中で…

家の中に入れてあげたいんだけど、ガラスの破片がいっぱいであぶないからね…

 

pet18-1569

今日はお外のベッドでお昼寝。

あっちこっちで落ち着かない毎日だったね。

でも、よく頑張ったね!

大阪のブリーダーさんのところにいたら、こんな辛い思いをしなかったのにね…

なんてふと思う事もありますが、これからもガンバッテいこうね!

 

ボランティアさん、ありがとう!

 

hukkoudsc1646

ボランティアさんには、本当に色々なことを手助けしていただきました。

町のボランティアさんには、被災ゴミの運搬を何回かお願いしました。うずらと亀の小屋が

束石から落ちて傾いてしまっていたのも、元通りに直してもらいました。

ふたりでやろうとしていたけど、男の人6人がかりでやってもらったので、

自分たちだけではとても無理だったんだなぁ。

 

hukkoudsc1647

まきストーブのまきが全部崩れてしまったので、元通りに積んでもらいました。

この時は、女の子もたくさん来てくれて、みんなでわいわい楽しそうでした。

最後に、薪割りの達人の薪割り講座(笑)が始まり、大盛り上りでした!

 

hukkoudsc1756-758

またある日は、大工仕事が得意な方たちがきてくれました。

階段がずれていて上がるのも心配だし、2階が落ちてこないか心配で、テーブルに

座れなかったので、大黒柱の横に鉄のパイプを入れて2階を支えてもらいました。

これで、安心して過ごせます。

それから、サンルームの前の陥没がひどく、傾いてしまって手をつけられなかった

所も、土台にしっかりした角材を入れていただいたので、サンルームの片付けもできました。

玄関の内側のドアが開かなかったので、開くようにしてもらいました。

玄関の割れた窓にビニールも張ってもらいました。

これで、安心して過ごせるようになりました。

本当にありがとうございました。

 

hukkou1764

みなさん、笑顔で楽しそうにお手伝いしてくれるので、私たちも楽しい時間が

過ごせました。北海道内の方もいましたし、私の出身地の関東からもこられていて

色々な話も出来て、よかったです。

 

ボランティアさんありがとう!②

 

hukkou0235040

岩手から来てくれているボランティアの方々です。

下の畑の陥没したところをならし、土を入れて整地してくれました。

本当に助かりました。

 

hukkou0295054

みなさんに、助けられるばかりで何か喜んでもらえることがないかな?

そうだ!寒くなってきたので「おしるこ」を作ろう!!

厚真町産の小豆で、大鍋いっぱいのおしることお餅のかわりにじゃがいもで芋団子

を作りました。

みんな、とても喜んでくれて嬉しかったです!

 

hukkou0385067

ウッドデッキを取ってしまわないといけなくて、その作業も手伝ってもらったので

あっという間に終わりました。

キクイモの収穫も一緒にやりました。

ひとりだと何日もかかる作業もみんなでやれば、こちらもあっという間!

 

hukkou0695124

この日は、うちのじゃがいもでフライドポテトを作りました。

毎日、レトルトを温めて食べるという食生活でしたが、みんな喜んでくれるのが

嬉しくて、料理を作る気力がわきました。

 

hukkou0226082

浦河、静内チームのボランティアさんにもたくさんきていただきました。

連日襟裳岬の方から車で来るのは大変だったと思いますが、お世話になりました。

 

hukkou0795142

下の畑も陥没が大きく、自分たちの力だけではどうにもなりませんでしたが、

こんなにきれいに平にしてもらいました。

 

hukkou1663

ミュージシャンのオサム君。

最初の頃、毎日のように色々なことを手伝ってもらいました。

私たちのリクエストに応えてくれて、ミニライブも!

弱った心にほろっときちゃうような選曲は反則ですけどね(笑)(笑)

ほんとにありがとう!

これからは、夫婦で頑張っていきますよ。

みなさん、今度はお手伝いじゃなくて、遊びにきてくださいね。

待っています!!

 

天皇皇后両陛下がお見舞いに…

 

hukkou0315216

11月15日、天皇皇后両陛下が厚真町へお見舞いにこられました。

何日か前から、みんなでそわそわ・・・。

事前に大々的に日程が公表されないのでお手振りはどこで?どこに到着されるのだろう?

わからないことばかり。

前日には、時間と場所も発表され、心も、計画も準備万端整いました。

総合ケアセンターに到着されるので、少し早く行ったつもりでしたが、なんと人が大勢

いて、びっくり!

立っていい場所が決められていて、ちょっと後ろの方でしたが、何とか居場所がありました。

横の方に立っていた町民の方にも手を振ってくださいました。

 

hukkou0425238

館内にお入りになり、職員から説明を受けられ、土砂崩れが一番ひどかった場所を

少し離れたところからご覧になるため、マイクロバスで向かわれました。

沿道に立ち、通られるのを待ちました。

だらだらと沿道に人が立っていると、速度を遅くして手を振っていただくことになって

しまうので、沿道に何カ所か場所が決められ、そこでお手ふりをするようにと決められて

いました。そうすることで、町民が立っている場所の前はゆっくり走行してくれたのです。

そして、各ブロックごとに若い私服の警官が立ち、DJポリスのように巧みな話術で

20分くらい前から、立っている人を飽きさせず、混乱を招かないように統制をとっていま

した。そして、注意事項も・・・。手は小さく上品に振るように、興奮して前に乗り出さないように

…。待ち時間もまた、楽しいひと時でした。

2という数字が書かれたパトカーが通ったら・・・2分後に天皇皇后両陛のマイクロバスが

目の前を通られました。

 

hukkou0695295

沿道からは、静かな歓声・・・

息をのむような瞬間です。本当に心穏やかなお顔でこちらに手を振ってくださいました。

女神さまのようでした。

天皇陛下も、席をお立ちになり、本当に心優しいお人柄を感じました。

同じ道を往復されたので、通過されたら、今度は向かい側に渡り、復路を待ちました。

帰り道でも同じように、美智子さまが座られ、天皇陛下がお立ちになっています。

 

hukkou0795325

そして、また総合ケアセンターに戻り、被災者や遺族の方と懇談し、ボランティアさん

や消防、警察など、尽力された方たちを労われました。

 

hukkou0945390

お帰りになる時は、とても長い時間町民に手を振ってくださいました。

本当にありがとうございました。

 

hukkou0955398

美智子さまの優しい笑顔がしばらく脳裏に焼きついていました。

町民が、幸せになれたひと時でした。

 

ペットボランティアさん

 

hukkouDSC1539

ペットボランティアさんには何度も来ていただきました。

むぎちゃんのごはんやおやつ、冬の温かい洋服、猫たちのごはんや缶詰、ユキチャンには首輪から

牧草、大好きなうさぎの餌まで届けてもらいました。

ペットボランティアさんは、あちこち廻っていてごはんを届けたり、迷子になっている

ワンちゃんたちを捕獲したりとても忙しそうですが、そんな中でも、近くに来ることが

あれば、足りないものがないかどうか連絡をくれます。

こんな支援も受けられるなんて幸せなことです。

 

hukkouDSC1541

猫たちも、おいしいごはんやいつも以上のご馳走をもらって大喜び!

うちに来てくれたボランティアさんたちの中にも、猫大好きな人が多く、手があくと

猫たちと遊んでくれました。

 

hukkouDSC1495

うちのおばあちゃん猫たちは人懐こいので、みんなに可愛がられていました。

缶詰をもらったり、おやつをもらったり、チャオちゅーるは、とてつもなくおいしい

らしく、一度もらったら、その人から離れなかったりして・・・。

動物たち全員から「ありがとうございました!!」

 

ニセコの犬宿にご招待!

 

hukkou0477075

ニセコにある北海道唯一の犬連れ専用ペンション「Field Merry」。

オーナーご夫妻のご厚意により、招待していただきました。

本当は、もっと早い時期に、車中泊も大変でしょうから…とお話を頂いていた

のですが、なかなか落ち着かず今になってしまいました。

 

hukkou0287040

「Field Merry」は3組のみ宿泊できるペンションです。

お部屋は広々として、お部屋から広いドッグランに行くことができます。

震災後は、初めての遠出ですが、それ以前もどこか遠くまで出かけるときも道の駅

や、フェリーターミナルなどで車中泊だったので、むぎちゃんと宿に泊まった事が

1度もありませんでした。

 

hukkou0157022

初めてのお泊りです。

震災から、いつでもすぐに逃げられるように、一度もリードは外さなかったので

ペンションでも、むぎちゃんはリードを引きずって走っていました。でも、オーナーに

「リード外したら?」と言われて思い切って外してみました。そうです、ここはニセコですから

安心なんですよね。

館内、テーブル席があるお部屋、室内を自由に歩くことができるので、むぎちゃんは

少しづつ行動範囲を広め、ついには私たちのいない場所へもひとりで走っていったり、

自由に走り回り、とても楽しそうです。

こんな開放感、初めて味わうのかな?

 

hukkou0447070

ドッグランは、雪が積もっていますが、むぎちゃんは走る、走る!!

久し振りに思いっきり走ったね(^O^)

 

hukkou2241

ペンションの看板犬「ポリー君」

とっても可愛くて、すっかりポリー君のファンになりました。

こんなちっちゃなお転婆ワンコですが、これからもよろしくね!

 

hukkou2234

ポリー君、むぎちゃんのおやつのさつまいもとドライ納豆がお気に入り!

今度はたくさん持って遊びに来るから待っていてね。

 

hukkou0357053

帰りがけにもドッグランでひと走り!

寒がりなのに、ドッグランでは、元気いっぱいです。

むぎちゃんは、ニセコから帰ってきてから、ちょっと変わったような気がします。

今までは、お客さんがきたら、ずっと鳴きっぱなしだったのに、今は、最初に

ワンワン鳴きますが、鳴き止むと、お客さんの近くで寝ていたりします。

ペンションで私たち以外の方とも過ごした事で、ちょっとは人になれたのかも

しれません。

 

hukkou0537086

オーナーご夫妻には、大変良くしていただきました。

優しいお気持ちに感謝です。

 

« 古い記事