猫たちはいつも通り

 

pet18-0372137

裏山は木が倒れたり、陥没があったり。

猫たちにとっては格好の遊び場になっています。

倒れた木は、ちょうど登ったり爪をとぐのにちょうどいいらしい(^O^)

 

pet18-0512159

家の前の坂道は、砂利のような砂のようなものを敷いて陥没箇所を直してもらい

ました。その地面の感触が気に入ったのか、そこでみんなゴロゴロしています。

 

pet18-0432144

あまり目がよく見えないおばあちゃん猫のもんきちは、ハーブが大好き!

いつもあちこちでかじっています。

おいしい?

いつも通りにしている猫たちに癒されます。

 

がんばれ、むぎちゃん!!

 

pet18-1452

地震が起きた時、むぎちゃんを抱え上げると、おもらししてい

ました。よほど怖かったのか、しばらく震えていました。

真っ暗の中、外で明るくなるのを待っている間、ずっと抱っこされたままおとなしく

していましたね。リードが荷物の山に埋もれていてなかなか出てこなくて、それから

何時間もずーっと抱っこ。本当に怖かったね。

その日から、テント生活が始まったけど、大きな余震があるたびに、布団から飛び起き

テントのファスナーを大慌てで開けて、むぎちゃんを小脇に抱えてラグビー選手のように

下の道まで走る・・・。何度繰り返したことか…。

余震の度に「地震~!」と大声を出すとむぎちゃんもすぐに逃げる準備をするように

なりました。

 

pet18-1375

テントで寝るのは怖かったので、4日目からは前の道に停めてある車で寝ることに

しました。むぎちゃんも一緒です。

最初は戸惑っていたようですが、すぐに車中泊も慣れ、爆睡してました。

家の中で寝るより楽しそうでした(´▽`)

 

pet18-1376

通行止めで車が通らなかったので、お散歩は道路の真ん中を歩いてご近所の

家まで行ってきました。

 

pet18-1554

いつもは家の中にいるのに、家の中はまだぐちゃぐちゃで、むぎちゃんの居場所が

ありません。

地震以来、ひとりになるのをとても嫌がるようになりました。ひとりになると不安なんだと

思います。だから、いつも近くにいるようにしました。

 

pet18-1556

家の中の片付けをしている時は、ウッドデッキの籠の中で…

家の中に入れてあげたいんだけど、ガラスの破片がいっぱいであぶないからね…

 

pet18-1569

今日はお外のベッドでお昼寝。

あっちこっちで落ち着かない毎日だったね。

でも、よく頑張ったね!

大阪のブリーダーさんのところにいたら、こんな辛い思いをしなかったのにね…

なんてふと思う事もありますが、これからもガンバッテいこうね!

 

むぎちゃん5歳!

 

mugi18-0050009

むぎちゃんは、5歳になりました。

早いものですね。大阪のブリーダーさんのおうちから我が家に来たのは3年前。

新千歳空港までは、ひとりでカーゴ便に乗ってきました。

初めての一人旅、初めてのケージ、そして初めて会う私たち・・・・

家についてしばらくはケージの中から出てこないで、じーっとしていた時の姿は

色あせることなく、鮮明に覚えています。

大阪の生活より、北海道の生活の方が長くなりましたね。

 

mugi18-0170031

今年は、じゃがいものバースデーケーキを作りました。

被災してたくさん辛い思いをしたと思うので、頑張ったむぎちゃんにクッキーも焼きましたよ。

クッキーのピンク色は「ノーザンルビー」、黄色いのは「ジャガキッズレッド」という品種。

じゃがいもと小麦粉で作りました。

ケーキも大好きなじゃがいもで!

紫色は「シャドークィーン」、ピンクは「ドラゴンレッド」と「ノーザンルビー」を混ぜました。

こちらはマッシュしたじゃがいもです。

周りは水切りヨーグルトを生クリームのように塗り、りんごでお花を作り、きゅうりで

リボンを作りました。

全部むぎちゃんの大好物です。

いいお誕生会になりました…多分(^v^)

 

mugi18-0899166

最近、少し太り気味のむぎちゃんです。

どんなに寒くても、毎朝お散歩に行っています。寒がりなんだけど…。