4月2019

「語り継ぐ震災を聞く会」

 

hukkou-DSC3095

3月上旬、厚真町災害ボランティアセンターで、阪神淡路大震災・東日本大震災

からの歩み「語り継ぐ震災を聞く会」が開催されました。

お話してくれたのは、一般財団法人OPEN JAPANの吉村さんと萬代さん。

OPEN JAPANの方々は、北海道胆振東部地震の発生直後から、いち早く厚真町

に駆けつけ、長期間にわたり、土砂に埋もれた貴重品の取り出しをはじめ、

技術を必要とする様々な支援に携わってくれました。

半年経った今現在も、継続的に多岐にわたるボランティア活動をしてくれています。

昨年7月の大雨で甚大な被害がでた愛媛県でも支援活動を行っているので、愛媛県

と厚真町を行ったり来たりされています。

本当に頭が下がる思いです。

 

hukkou-DSC3098

吉村さんには「阪神淡路大震災からの歩み」(写真上)、

萬代さんからは、「震災からの教訓と災害からの歩み」ということで、お話して

いただきました。

災害を体験したからこそ伝えられること、当時の津波の恐ろしさ、その時に思ったこと

感じたこと…心に届くお話でした。

その時を思い出すと、未だに辛いのに、語り部になってくれてありがとうございます。

 

hukkou-DSC3099

私たちも、震災の揺れの恐怖は忘れようとして忘れられるようなものではありません。

今でも、ほんの少し揺れただけでも、ドキッとして心臓の鼓動が早くなり、しばらく

ドキドキして動けなかったりします。

これは、一生続くのかもしれません。

ボランティアの皆さんにお世話になっている私たち、早く穏やかな生活を取り戻し、

今度は「私たちができること」をしなくてはいけませんね…。

みんな、頑張りましょう!

 

ユキチャンの角折れた…。

 

pet-0085012

ユキチャンの角の片方は、ちょっと変…曲がって、ちょっと短いの。

その角が…ポキッと折れちゃった!!

でも、不思議~!

折れちゃった角の中は空洞で、ユキチャンには、小さな角が生えてる~(゚o゚;;

 

pet-0145021

今度は、真っ直ぐに生えてくれるといいんだけど、どうかな?

 

pet-0365060

ユキチャンは、冬の間は脂肪を蓄えて寒さをしのいでいるのか、ちょっと太り気味!

今年は、-20℃以下の日が何日もあったもんね。

寒さに負けずによく、頑張ったね(*´∀`*

 

公費解体の日程が決まる

 

hukkou-0961163

全壊の家と納屋の公費解体を、厚真町に申し込んでいました。

公費でやってもらうことなので、自分の都合に合わせてもらうことができません。

時期がいつになるのか、全くわからず来年になるかもしれないと思っていたのですが

なんと、3月下旬に担当業者が測量にきました。

うちの解体が6月に決まったのだそうです。

こんなに早いと思わなかったので、びっくりしました。

それに合わせて、自宅の荷物、納屋の中の物を出さなくてはいけないので

わぁ、大変!!時間がな~い(><)

すぐに荷物の箱詰め作業に取り掛かりました。

 

hukkou-0981166

困るのは、荷物の置き場所です。

色々考えた結果、トレーラーハウスの横にビニールハウスを建て、日陰になるように

厚地の白いビニールを張りました。

4月になると、畑仕事も始まります。

あっちもこっちもやらなくてはいけないので、大忙しです。

 

hukkou-0991168

6月までには、すべての荷物を運び出し、納屋の道具なども全部どこかに移さな

くては……(;_;)

同時進行はもうひとつ……。

自宅の再建です。

資金がないので自分たちで建てるつもりでいましたが、基礎工事はやはり専門の

業者さんに頼んだ方がいいというアドバイスを受け、基礎工事と屋根は業者さんに

やってもらうことにしました。

内装や外壁などは、自分たちで作ろうと思います。

今の家の窓やドア、システムキッチン、近所でもらった廃材などを使って作るので、

どんな家になるのかわかりませんが、とっても小さな家になることは決まっています。

大変だけど、頑張らなくては……(,,゚Д゚) !