5月2019

今年も頑張ります!!

 

farmnote19-0102016

4月下旬、凍っていた土も溶けてきたところで、今年もまた畑仕事が始まりました。

毎年、冬の間は体をあまり動かさなかった分、久し振りに畑仕事をすると、

体が慣れるまでちょっと時間がかかるんですけど、今年は違います。

自宅の荷物を毎日、ちょこちょこと運んでいて自宅と物を置くビニールハウス

を何往復もしているので、自然とウォーミングアップになっていたのかな…。

 

farmnote19-0052008

昨年9月の大型台風でビニールがボロボロになってしまったビニールハウス。

補修しようと思っていた矢先、胆振東部地震が起こり、それどころではなくなり

そのままの状態になっていましたが、やっとビニールを張り替えることができ

ました。

わぁ、やっぱり新しいビニールはきれいで気持ちがいいです!

 

farmnote19-0082012

冬の間にユキチャンの寝わらや、枯葉や野菜くずなどをまいていた畑…。

見た目は、あまりきれいな畑ではありませんでしたが、土の栄養になったかな?

 

farmnote19-0773139

小型の耕運機で耕すと、見違えるようにきれいな畑になりました。

小さいけど、大活躍の耕運機!

メンテナンスして、さらにパワーアップ!酷使してごめんね!でも今後とも

どうぞよろしくお願いします(^O^)

 

カラフルな種芋の芽出し

 

farmnote19-0074012

畑も耕し、種芋はハウスの中に広げて芽を出させます。

急に気温も上がり、ハウスの中は常夏です。じゃがいもの芽もこんなに大きく

なりました。

大きいものは半分に切って、小さいものはそのまま土に植えます。

 

farmnote19-0114020

これはシャドークィーンです。

皮は紫色で、中身も紫色です。

色をいかしたお料理で楽しめます。

 

farmnote19-0725126

こちらはノーザンルビーです。

皮はピンクで、中身もピンクです。年々、赤やピンク色の皮のじゃがいもが増えて

きましたが、中までこんなにピンクなのは、他にありません。

サイコロみたいに切って、色々な色のじゃがいもでコロコロサラダにすると、

カラフルなサラダになりますよ!

 

farmnote19-2080

うちでよく作るのは、ポテトチップス!!

ピンクのノーザンルビー、紫色のシャドークィーン、濃い黄色のレッドムーン、

皮がピンクで中が白いベニアカリ、味がおいしいとうやを使っています。

見た目のインパクトだけではなく、味も抜群ですよ。

 

farmnote19-0755131

猫たちは、いつも一緒!

それにどこでも寝ちゃう!あ、種芋のトレーで寝てる・・・

ある日突然、庭に現れた「ナナコ」。その時から声があまり出なかったのです。

ニャ…ニャ…ニャ…時々そんな声で鳴く、かわいい女の子です。

幸せそうな寝顔にはいつもいやされています。

 

地盤調査が完了!

 

hukkou-0922206

隣家の公費解体が始まりました。

毎日進む取り壊しの音…時折ドドドド~っと大きな音がします。窓のガラスを取り、

外壁ががなくなり柱があらわになり、2階を重機で壊して家がどんどん小さくなっ

ていきます。取り壊しの順番は隣家の次の次・・・6月上旬頃になりそうです。

毎日、少しづつ運んでいる荷物…家の中がだいぶスッキリしてきました。

改めてこうしてみると、大した荷物がないなぁ…ま、そんなもんか(^^;;

我ながらおかしくて笑ってしまいます。

 

hukkou-0063011

住宅再建に向けて、最初の一歩です。

地盤調査をやってもらいました。地盤調査とは新しく作る住宅の基礎部分の何箇所かに

打つ杭(くい)の深さを測ることです。

どんなに大掛かりな作業なのだろうと思っていたら、作業される方はたったひとり。

ワゴン車に機材を積んで来られました。

測定する機械の棒状のものを土に差し込んでいき、止まったところの深さを計るのです。

 

hukkou-0203038

測定値は、場所によって6m~8mでした。

杭(くい)は、それ以上の深さで打てば、安心だということです。

くいは、深くなるほど金額も高くなるようですから、想定内ということで安心しました。

次は、道具置き場を作ります。

 

新しい納屋を建てる!

 

hukkou-0996193

昨年9月の震災では、「半壊」判定だった納屋。

余震の度に、少しづつブロックにひびが入ったり、割れたりしていて、今はこんなに

崩れてきていて、倒壊の危険もあります。

こちらも、自宅と一緒に解体する予定になっています。

納屋の中には、畑で使うものや大工道具などたくさんの物が入っていますので、

どこかに移さなければ……ということで、新しい納屋を作ることにしました。

 

hukkou-0993177

中に置くものを考えると、こんなに大きなものになってしまいました。

トレーラーハウスとほぼ同等の大きさです。

長尺物は、ホームセンターに配達してもらい、板は車で何度も買いに行きました。

材料を入手するのも一苦労です。

 

hukkou-0983157

解体の期日までに、やらなくてはいけないことがたくさんありすぎます。

朝は6時に起きて、早朝から大工仕事です。

 

hukkou-0057009

角材を渡して、少し建物らしくなってきました。

まだまだ先は長いけど、頑張らなくちゃ!

 

畑の陥没

 

farmnote19-0543094

上の畑に行く道の陥没が、だんだん大きくなり、歩ける道幅が狭くなって

ちょっと困っていました。

そんな折り、またOpenJampanの方たちに、重機で直してもらいました。

一輪車がやっと通れるくらいの道が、リヤカーもスイスイ通れるほどの道幅に

なりました。

 

farmnote19-0723129

二段目の畑は、1/3が陥没して2mくらい落ちていて、残りの畑も陥没や地割れで

段差ができていましたが、ここも平にしてもらいました。

あきらめていたキクイモの栽培がまた今年も出来るようになり、本当に嬉しい

です。

 

farmnote19-0853154

一番上の畑も、陥没がなくなり、今までと同じように畑として使えるようになり

ました。4月中旬、まだ畑が始まる前に直してもらったので、減らしていた

じゃがいもの品種も急いで増やしました。

 

farmnote19-0883159

猫たちも、安心して歩けるようになりました。

畑仕事も頑張らなくちゃ!

今年もおいしいじゃがいもができますように…。

 

farmnote19-0903161

(=^0^=)ありがとうございました!

忙しい毎日だけど、畑仕事は楽しい!

種をまけば芽が出るのを心待ちにし、小さな芽が出ているのを見ると嬉しくなり、

その芽が大きくなるのを見るのは楽しいし、畑に定植しどんどん大きくなり、

実がなると収穫の楽しみがあり、食べる喜びがあります。

草が生えたら、手で抜きますから、いつも指先は真っ黒になりますが、

草は草で大切な有機物!根っこが枯れたら野菜苗の根元に置いて草マルチ。

そんな事も、けっこう楽しいですよ。

 

むぎちゃんも通い…

 

mugi-0030005

今も、斜めの自宅でごはんを食べ、夕食後も仕事や雑用、片付けなどをして

午後11時半頃トレーラーハウスに通う毎日です。もちろん、むぎちゃんも一緒です。

最初の頃は、通いの雰囲気を察知し、毎日の楽しみにしていたようですが、だんだん

慣れてくると、時間になっても爆睡していて、呼んでも起きません。

 

mugi-0040006

無理やり起こすと、「え、何よ~」と言わんばかり。

嫌だなぁ…そんな感じです。

私たちだって落ち着かないのですから、むぎちゃんだってここで寝たいよね。

 

mugi-0060008

各自、ヘッドライトを付けてトレーラーハウスへ。

むぎちゃんは、抱えられて仕方なく(ーー;)

満月の日は、月明かりで明るく、ヘッドライトは必要ありません。

家ができて落ち着くまで頑張ろうね。

思えば、むぎちゃんだって今までもたくさん頑張ってきました。

居場所が無くて、あちこちにつながれて…寂しい思いも怖い思いもたくさんしてきましたね。

えらかったね…。