1月2020

捨て猫 のラッキーとハッピー!

 

ani20-0650089

12月17日の朝、いつものように納屋の猫たちの部屋に行くと、あれ?

見知らぬネコが1匹、ずっと前からここにいるようにごく自然にこたつに

入って寝ていました。

ここは、猫たちが寒くないように、人間用のこたつを入れていている部屋で

隠れ家のように知る人ぞ知る場所なのです。

「え?誰なの?」

 

ani20-0670091

え~誰?誰?

そんな言葉しか浮かばないので、一旦家に帰ることにして、玄関の風除室

の扉を開けると、似た猫がまた1匹(+_+)…

なお、びっくり!!

でも、よーく見ると、少し顔も毛色も違います。

…ってことは…2匹の迷いネコが一緒にやってきたようなんです。

 

ani20-0151022

げっそり痩せて、毛並みも悪く、悪臭が漂い、顔も目やにや鼻水で

ぐちゃぐちゃでした。

我が家の近くは、震災で家を取り壊して更地にしたり、山林の法面工事で

木も伐採され、民家も少なくなりました。

どこかから、2匹で一緒に頑張って歩きまわり、やっとの思いでうちに

たどり着いたのかなと思うと、とても追い出すことなどできませんでした。

 

ani20-0860115

ネコ軍団はいるけど、2匹ともうちの子にしようと決めました。

温かいこたつの中でゆっくりと疲れた体を休め、ペレットや缶詰をもりもり

食べて少しづつ毛並みもよくなり、体もふっくらしてきました。

でも、最初から気になっていたのは,おなかが大きく見えることでした。

まさか、妊婦だったらこどもまでは飼えない…。

そこで、むぎちゃんのかかりつけの動物病院の先生のところで避妊手術を

してもらうことになりました。

 

ani20-0970130

翌日引き取りに行くと、先生は「子宮も卵巣もなかったよ。だいぶ前に

避妊手術はしてあったよ。」と……。

おなかが大きかったのは、別の原因だったようです。

避妊手術がしてあるので、避妊手術済の印の左耳をVにカットしてもらい、

さくら猫になりました。

もう1匹も多分同じなのかなと思います。

 

ani20-0631092

2匹は同じ飼い主に捨てられたのですね…

2匹とも、とても人懐こいのです。家の中で飼われていたのかなとも

思えます。

毎朝、玄関前で私たちがでてくるのを待っています。

ごはんを食べおなか一杯になると、またこたつの中でぬくぬくしています。

 

ani20-0192029

お天気のいい日は、ふたり仲良く、ベンチで日向ぼっこしています。

名前は左がさくら猫の「ラッキー」右の迫力ある顔の子は「ハッピー」

にしました!

ここにたどり着いて、ラッキーだったね!これからはハッピーになると

いいね…そんな意味を込めて付けました。

 

ani20-0392066

動物病院の先生によると、ふたりの年齢は推定6~7歳だそうです。

この子たちの残りの人生が、今までの何倍も幸せになりますように…

うちのばあちゃん猫たちとの距離も少しづつ近づいています。

ハッピーとラッキーをよろしくお願いします!

 

むぎちゃん6歳!

ani20-0480067

愛犬むぎちゃんは、早いもので12月に6歳になりました。

人間で言うと40歳です。

仮設住宅のトレーラーハウスの生活にも慣れ、日中はストーブの前の

特等席でぬくぬくしています。

不安分離症の症状は改善されませんが、病気もせずに元気に暮らして

います。

 

canvas1

お誕生日には、🎂ケーキとハンバーグを買いました。

この日は、お楽しみ献立!むぎちゃんも、いつになくごはんの時間が待ち

遠しい~。

 

ani20-0630085

狭いところにいるので、近頃は運動不足で少し太り気味です💦

暖かくなったら、思いっきり「dog run」で走ってこようね。

ダイエットしないとね…

 

ani20-0287053

でも毎朝、散歩は欠かさずに行っています。お散歩は大好きですからね…。

-15℃でも喜んで玄関を出ていきますが、さすがにそんなに寒いときは

ブルブル震えながら抱っこされて帰ってきます。

困ったときの顔が一番情けなくてかわいいむぎちゃんです。

寒さに負けずに頑張ろうね❣

 

壁を作る

 

ie0479080

ギャンブレル屋根を内側から見たところです。

とてもきれいに出来たと思います。屋根裏になるので断熱材を入れなければ、

いけないのですが、このフォルムをいかせれば…なんて私の希望ですが…。

 

ie0099015

屋根の次は外側の壁です。

高所での作業ですし、とても二人では難しい…と思っていたら、またまた

助っ人のみなさんに手伝ってもらいました。

 

ie0129020

板を担いで足場を上り、板を一枚一枚ねじ止めします。

枚数が多いので結構な時間がかかります。

 

ie0159026

だんだん形になってきました。

用意していた合板が足りなくなり、早朝や夕方にホームセンターに買いに

行ったりしました。あれがない!これが足りない!とその都度ホーム

センターへ

でもそのちょっと買いに行くというのも、苫小牧市や千歳市へ行かなければ

欲しいものが買えないのです。どちらへ行くのも片道30kmですから、

車の走行距離も相当なものです。

昔は札幌まで買いに行っていたので、これでも便利になった方ですけどね。

 

ie0319051

合板は、真ん中へはスイスイ張っていけるのですが、端の方は変則的な

形なので長さを測っては切り、合わない時ははまた切り、苦労しながらも

全面に何とか張り終わりました。

 

ie0369059

もう片側も同じように張っていきます。

角材を均等な幅に打ち付けてから板を張るのですが、上に行ったり、下に

行ったりしながら足場を歩き回るので、細いところを歩くのにもすっかり

慣れました。

 

ie0340053

壁ができたところで、次は内側の作業。

仮の柱を本物に代えたり、屋根の隙間を埋めたり。

 

ie0800107jpg

土間の部分には外壁を張り、ドアをつけました。

作業中に暖をとれるよう、土間に床暖房のボイラーを設置してもらい、

簡易式のまきストーブも設置しました。

 

ie0421064jpg

猫たちは、暖かいところがよくわかるんですね~。

さっそく、みんな集まってきました。

床暖房は24時間つけているので、猫たちは、いつもここにいます。

温かい場所ができてよかったね!

 

ie0259042

作業もひと段落して、ひと休み。

コンテナの中でもやっと暖かい場所ができてよかったです

この後私は、作業も終わり、薄暗くなったところで後片付けをしている最中に、

コンテナの床の開口した部分に見事に落ち、足は打撲で済んだものの、手を

コンテナの鉄柱に強打し、左手首を骨折しました

とう骨が折れて、ずれましたが、手術はしないで、整復で骨をもどしました。

最初の診察で戻したのに、ちょっと無理したせいか1週間後の診察では

また骨がずれていて、今度はもっと激しい整復をしてギブスで固定しました。

整復はものすごい痛みです。先生が手でずれた骨を動かすのですから、ひゃ~

助けて~・・・です。

12月から6週間、指のつけねから肘までのギブスをまいていました。不自由な

生活でしたが、少し前にギブスが取れ、今はリハビリをしています。

まだ時間はかかりそうですが、少しづつ回復に向かっています。

もう少ししたら、また作業ができるようになると思いますが、くれぐれも

けがには気を付けないといけないと痛感しています。気を抜いた時が一番

危ないということ…手元、足元、頭上、道具の扱い…いろいろなことに注意を払って

作業をしようと思っています。

 

じっくり考えてから…

 

ie0331049

12月に、屋根や壁に張った合板が雨や雪で傷まないように、ブルーシートを

張りました。

台風並みの強風が吹いた日には、ブルーシートがはがれてまた張りなおす

という事もありましたが、その後は心配するような天候の日はありません

でした。

 

ie0711106

次はどうするか…

今、少し考えがまとまらずにいます。

屋根は自分で張ろうかとも考えましたが、材料費もかかりますし、下手に

張って雨漏りしたらどうしよう…という心配もあり、やはり専門業者に

依頼しましたが、手の空いている業者さんがいないのです。どこも手一杯

で、できるとしても、春にならないとできないという事です。

試案のしどころです。

 

ie0831127

解体の時に、残してもらったユニットバスは高さの問題でこのままでは

使えなかったり、システムキッチンは、今までのは大きすぎて収まらない

とか、いろいろなところで、問題が発生!!

今、じっくりと問題を解決するべく、善後策を練っているところです。

目途がたたないまま日にちはどんどん過ぎていき、焦る気持ちはありますが、

私は私で、リハビリを頑張り、またバリバリと大工仕事ができるように

したいと思います。