3月2020

作業再開!窓をつける。

 

ie0957174

間取りも少しづつ決まってきたので、また作業再開です。

窓を取り付けるために、まずコンテナをくり貫かなければいけません。

サンダーという電動工具を使い、鉄の部分を切っていきます。

 

ie0028002

時間はかかりますが、十分自分でも切ることが出来ます。

鉄板の内側には、薄いベニヤ板が張り付けてあるので、その部分は

のこぎりで切ります。

 

ie0108015

出来た!

暗かった家の中が急に明るくなりました。自分でできるものかどうか少し

心配だったので、課題をクリアできた事は大きな前進です。

 

ie0178025

窓枠をつけるための垂木をつけます。次に厚みのある板をつけて枠が完成

しました。

 

ie0238036

窓枠、ぴったりにできたので、あとは窓をはめ込み、完成!

窓は半端物をいただきました。外から見えにくいガラス…ありがたい(^^♪

 

ie0109014

まだまだ窓をたくさん作らなくてはいけません。

鉄板が重なっている部分があり、そこは切るのに一苦労です。

そして、切り取った鉄板は重くて、移動するのも、ふたりでやっとの思いで

運んだりしています。

体力勝負です。

 

ie0369063

今度は横長の窓です。

こちらの面には、すでに合板が張ってあるので合板もくり貫かないと

だめなんです。

 

ie0399068

こちらは、白い窓です。

これは、以前住んでいた家のキッチンにあった窓です。

公費解体の時に、業者さんに丁寧に取ってもらい、とっておいたものです。

家の中がどんどん明るくなります。次は、リビングの大きな窓に取り掛かります。

 

窓の続編

 

ie0659108

窓を作る作業はまだまだ続きます。

今度は、リビングの窓に取り掛かりました。ここは、目の前に広がる田園

風景がよく見渡せるように、大きな窓にしました。

こんなに大きな窓は無いので買うことにしたのですが、窓って高いんです。

大きい窓にしたいけど予算が…と思い悩んでいた時、ロシア製の窓が

とても安いと聞き、札幌のショールームに行っていろいろ聞いてきました。

国産の窓に比べて、機能的にも性能的にも優り、価格は桁違いに安く、

まさに、買わないという選択肢はないやろ・・・という感じでした。

サハリンのちょっと北に工場があり、そこから船で輸送するらしく、輸送費が

安いのが価格の決め手のようです。

 

ie0719114

サイズ、窓の厚み、色などを指定して注文すると、ロシアから船に乗って

こちらまでやってきます。3月上旬に到着予定なので、窓が届くまでに窓枠を

作っておかなければならなくなりました。

急がなければ…。

でも、鉄板を切る作業も慣れてきたので、少し作業が早くなりました。

切るのも大変ですが、くり貫いた鉄板をどかすのはもっと大変です。

鉄板がとても重いのです。

ふたりで、ふーふー言いながら、時にはヨタヨタになりながら、作業を

進めています(笑)

 

ie0889141

寝室、リビングの窓枠ができたところで、大工の棟梁が手伝いに来てく

れました。救世主現る2階の壁は木で出来ているので、棟梁が作ってく

れました。惚れ惚れするような見事な仕事ぶりで、たちまち出来ていきます。

手を貸してくれるだけではなく、いろいろな事を教えてくれます。

悩んでいたことが、いくつも解決して、何歩も前進しました。

 

ie0969155

窓枠が完成して、家らしくなってきました。

まだ、キッチンの窓、洗面所の窓、トイレの窓…まだまだあります

 

ie0090016

棟梁には、屋根を支える柱も補強してもらいました。

これで大雪が降っても、屋根が潰れることはありません。

来週には、板金屋さんがきて、屋根が完成します。

屋根ができるのは、とても楽しみです。

 

さようならラッキー🐈

 

ani20-0185028

ハッピーとラッキーがうちに来て2ヶ月経ち。おばあちゃん猫たちとも

やっと打ち解けてきて、よかったなと思っていたのですが、先日ラッキーが

天国に旅立ちました。

前日まで、みんなと仲良くご飯も食べ、元気に過ごしていたのに、朝

ごはんをあげに行ったら、ラッキーがこたつから顔だけちょこんと出して

寝ているのかと思ったら、亡くなっていました。

あまりに突然の別れでした。

本人も、天国へ行くなんて思ってなかったのでしょうね…。

これから、やっと幸せになれるとおもったのに、本当に残念です😢😿

食が細く、まだ元気になりきれていないハッピーひとりになってしまいました。

ずっと二人で励ましあってきたのに、不憫でなりません。

 

ani20-0749120

ハッピーは、みんなと仲良くできるのか心配でした。

でも、意外にも、少しづつみんなとの距離を縮めています。

建設中の家の中は、猫たちの居場所になっています。

ある時は、もんきちと並んで日向ぼっこ!

 

ani20-0480069

またある日は、ちびこと並んで、ストーブにあたっています。

猫たちの仲間入りができて、ほっとしています。

死んじゃったラッキーは、推定6~7歳と聞きましたが、ハッピーは、

ちょっと背中が丸くなっているし、もっと年上なのかもしれません。

だから、うちのおばあちゃん猫たちの輪に入れたのかもしれませんね。

 

ani20-0767140

ラッキーは、いつもちびこと一緒に玄関前で仲良くごはんを食べていました。

ちびこは突然会わなくなっちゃったので、何日間かは、にゃーにゃー鳴いてラッキーの

事を呼んでいました。

その鳴き声が悲しげで、聞いているのも辛かったです。

ラッキーの分まで、今はハッピーがちびこに甘えています。

ちびこ婆ちゃん、ハッピーとこれからもずっと仲良くしてあげてね。

ハッピー、二人分幸せになってね!

 

屋根ができました!

 

ie0101066

本当は、昨年中に張りたかった屋根でしたが、やっと業者さんの都合がつき

工事の日程が決まりました。

雨で板が濡れないようにブルーシートで覆っていましたが、それでも

濡れているところがあったので、今度はブルーシートをはがして乾かし

ました。

タイミング良く、作業前日は、快晴で強風が吹き、屋根がきれいに

乾きました。

 

ie0131070

業者さんが来て作業開始!

まず最初に、防水シートを張っていきます。

屋根屋さんは4人、傾斜が大きい屋根の上も

スイスイ歩いています。私たちが屋根に上った時は、命綱つけて

地下足袋履いて、恐る恐る歩いていたのに…。

 

ie0321102

屋根の周りの白い部分は「風を破る」と書いて破風。はふうと読みます。

役割は風を切り裂き、住まいに悪影響を与えないという文字通りのものです。

色は自由に選べるのですが、白にしました。

 

ie0421117

屋根の色は、濃い目のグレーにしました。

屋根を張る作業は、なんと1日で終わりました。あっという間でした。

窓枠ができ、屋根が出来て、とても家らしくなってきました。

外側に合板を張ってしまうと、外から見るとコンテナの家だという事が

わかりませんね。

 

ie0521132

小さな色見本だけで屋根の色を決めるので、実際に出来上がったらどんな感じに

なるのかが、よくわからなかったのですが、出来上がりを見ると、落ち着いた

グレーに破風の白、とてもよかったと思います。イメージ通りでした。

足場を借りていられる間に、外壁を張りたいと思っています。

頑張ります!

 

新型コロナウィルスで…

 

blog-dsc3148

北海道は、新型コロナウィルスの感染者数が毎日増え続けています。

マスクは現在も入手困難。どこのお店のマスク売り場も棚には1枚もありません。

マスクの棚にあるのは、「うるおいマスク」だけ。

うるおいマスクを手に取って、「な~んだ、マスクじゃないや…(-_-;)」と

次から次へとがっかりする人が続いていました。

北海道知事の緊急事態宣言、週末の外出を控えるようにとのお願いなどもあり、

先週末あたりまでは、どこへ行っても人手が少なかったようですが、日曜日に

ホームセンターとスーパーへ買い物に行くと、駐車場はほぼ満車、

多くの人が買い物にきていました。

今も、大きなイベントから、ごく小さな集まりまで中止が呼びかけられています。

ボランティアセンターでの催し、スポーツセンターなどの利用も中止になって

います。

 

blog-0648111

私たちが住んでいる地域は、家もまばらですし、家の前の道路を通る車も

ほとんどありませんので、家にいる限りは感染の心配はなさそうですが、

それでも、買い物に出たりしますので、マスクをしアルコール消毒をし、

充分に気を付けています。

今はボランティアさんの受付も中止しているとのことですので、

人との接触も少なく静かな毎日です。

早く、コロナウィルスが終息して、人と普通に話せる平穏な日が訪れる日が

来ることを切に願っています。

愛犬むぎも