庭のビオトープ

ガマの穂

ウッドデッキの一角にある小さなビオトープ。

毎年、大きくなるこの葉っぱはなんだろうと思っていたのですが、今年ようやく

わかりました。がまの穂でした。

がまの穂があったらいいなとずっと思っていたのですが、これが実はそうだったなんて

知りませんでした。まだまだ知らないことがいくつもあります。

毎年、この寒さでも越冬し、春になると、根から芽が出て株が増えていきます。

 

ビオトープ

何も手を加えていないのですが、ウォーターレタスやマツモが自然に生えてきます。

おたまじゃくしもたくさん泳いでいて、よく見ると、小さなカエルもいます。

ゲンゴロウやアメンボもいます。

そんな小さな生き物たち、見ていると楽しいです。

姫すいれんは、去年お店で買って植えたのですが越冬しなかったので、また今年も

買って植えました。

早く花が咲かないかなぁ・・・

 

おたまじゃくし
おたまじゃくしは、集団で、もぞもぞと何かを突っついています。

大きくなって、カエルになり旅立っていきますが、次々と小さなおたまじゃくしも

生まれていて、ここから何匹カエルになったのかな?なんて思います。

 

ヤゴ

がまの穂の根元で、ヤゴの抜け殻を見つけました。

ヤゴは、トンボの幼虫を指す通称です。

トンボは、秋から冬にかけて卵を産み、その卵は春になるとヤゴになり、6~7月にかけて

孵化してトンボの成虫になるのだそうです。

今日は、日差しが強く暑いけど、からっとした北海道らしい爽やかな天気です。

ようやく、夏らしくなってきました。