田んぼアート(埼玉県行田市)

 

田んぼアート1

埼玉の実家に帰ったときに、家からそう遠くない行田市(ぎょうだし)の田んぼアート

を見に行ってきました。

今年のテーマは「未来につなぐ古(いにしえ)の奇跡」でした。

古代から未来へ夢をつなぐまち ぎょうだをイメージして、28,000㎡の広さの田んぼに

7種類の稲で、古代蓮、地球、こども達、宇宙、はやぶさが描かれています。

写真では大きさがよくわかりませんが、縦160~180m、横165m前後の水田3枚で

構成されているんです。想像以上の大きさに驚きました。

9月8日には、田んぼの広さ、稲の種類などの条件を満たしたとして、

「最大の田んぼモザイク」としてギネス世界記録に認定されたそうです。

 

田んぼアート2

行田市は、米作りや観光をPRしようと2008年から田んぼアートを始めたのだそ

うです。

田んぼアートの制作は、田んぼに杭(くい)をうち、その杭にはアルファベットの

番号が記入されていて、その杭を図面の通り結ぶと水田に図柄の図面を描くことが

出来るのだそうですが、使った杭の本数は4105本、ロープの総延長は約9000m。

とても大変な作業だということがわかります。

 

田んぼアート3

描かれた子どもの指先の辺に小さく見えるのは、草取りをしている人たちです。

いかに大きいかがわかります。

この日も多くの人が見学に来ていました。

 

古代蓮の里

田んぼアートは、ここ「古代蓮の里」に隣接しているので、「古代蓮会館」の展望室

高さ50m)から見るようになっています。

行田市といえば行田蓮(古代蓮)が多くの人に知られています。

行田市の天然記念物に指定されていて、原始的な形態を持つ1400年~3000年

前の蓮であると言われています。

6月下旬から8月上旬に濃いピンクの花が蓮池一面に咲くのだそうです。

それから、世界各国の蓮の花が見られるようですが、咲き終わった後でした。

よく探したら、何輪か蓮の花を見ることができました。

 

ハス

実家にいる間の1週間はずっと雨でした。

たった1日の晴れの日に見た蓮の花です。