畑を耕す

 

farmnote17-0955170

周りの米農家は、田植えで大忙しです。

ビニールハウスで種から育てた稲を、軽トラックで田んぼまで運び、田植機

で植え付けていきます。

今年は、暖かかったので稲も順調に生育したようです。

 

farmnote17-0935166

当農場のじゃがいもの苗も順調に育っています。

4月下旬にポットに植え、ビニールハウスで育てました。

大きくなった品種から、畑に植えていきます。

 

farmnote17-0246046

畑は、テーラーで耕します。

小型だけど、強力な味方です。酷使してかわいそうですが、故障もなく、よく

働いてくれます。4月上旬に耕した畑は、また草が生えてきたので、もう一度

耕すと、こんなにきれいになります。

 

farmnote17-0226043

じゃがいもを植え付ける時も、肥料は一切使いません。

だから、土を良くすることをいつも考えています。雑草は畑で乾かして土と混ぜたり

アミノ酸も撒いたりしています。

上の写真の穴は、テーラーを押して歩く私の足跡です。

土がふっかふかです。

これで、植え付けの準備は整いました。

 

farmnote17-0266050

ゴールデンウィークが終わると、やっとお店に野菜苗が並びます。

ビニールハウスの中は、自家用野菜を植えるのですが、種も植えなくてはい

けないし、あっちもこっちもやることが多すぎて、とても忙しい期間です。

朝、ハウスの水やりに行くと、野菜苗の葉や、芽を出した葉に穴があいています。

誰の仕業かわからなかったのですが、ついに犯人を見つけました。

想像もしなかった「かたつむり」です。葉を食べるなんて知りませんでした。

北海道も以前に比べると、暖かくなりました。そんな影響なのか、今まで

見たことがないような、虫や昆虫を見かけるようになりました。