壁を作る

 

ie0525071

11月8日の朝、うっすらと雪が積もっていました。初雪です。

外での作業も、寒くて辛い日が多くなりました。

でも、弱音をはいてはいられませんね…

 

ie0555077

コンテナの開口した面に、壁を作りました。

中央部には、解体現場からもらってきた大きなガラス窓をはめ込みます。

鉄工関係の作業では、ちょっと一苦労でしたが、木工作業になると慣れていますから

割と早く出来上がりました。

 

ie0715106jpg

ガラスも入り、少し家らしくなってきました。

奥の方も同じように壁を作ります。

 

ie0725108jpg

ちょっと狭いけど、ここはリビングになります。

 

ie0975153jpg

問題は、屋根…

どうしたらいいか悩んでいたのですが、宮大工の棟梁に作り方を教えていただき、

だいぶ不安が解消されてきました。

屋根の形は、ギャンブレル屋根。北海道の農家の納屋や、厩舎に多く見られる

形です。

半壊で、取り壊しになってしまった納屋がこの形でした。

地震後、自宅が全壊して住めなくなったので、一時は半壊の納屋をリフォームして自宅にしようと考えました。

しかし、徐々に傾きが大きくなり諦めたのですが、せめてその納屋の屋根の形を残したいと

いう思いから、少し大変ですがこの形の屋根を作ることにした訳なんです。

 

ie0885136jpg

これからは、高いところの作業が多くなります。

はしごでの昇り降りですから、気をつけなくてはいけませんね。

 

ie0955149jpg

屋根の形ができれば、家の中側の作業は、寒風にさらされることもなくなります。

なるべく早くそこまで作れるよう頑張らなくちゃ!

今日、また雪虫が飛んでいました。いよいよ本格的な雪の季節がやってくるのか

もしれませんね。