屋根を作る

 

ie0747131

次はいよいよ屋根を作ります。

屋根はギャンブレル屋根です。

ギャンブレル屋根(英gambrel roof)というのは、イギリスなどのヨーロッパから

18世紀にアメリカに伝承されたとのことです。

北海道では農家の納屋や牧場の厩舎にとても多く使われていて、まさに北海道を

象徴するような屋根の形状です。

 

ie0787139

この場所に建っていた納屋は、ギャンブレル屋根でした。

家が全壊になり、どうしようか考えた時、納屋を自宅に改築して住もうとも思いましたが

取り壊さなければ危険な建物となり、計画は実現しませんでした。

建物は失くなってしまいましたが、屋根は納屋と同じギャンブレル屋根にしたかっ

たのです。

本当に作れるのかどうかが、最初から少し心配でした。

大工の棟梁に、教えてもらったり、手伝ってもらったりしながら、どんどん

出来上がっていきます。

真ん中に柱を立てました。高さは3.5m。かなりの高さです。

 

ie0738132

二段の勾配がある屋根なので、まず骨組みになるものを作っておきます。

角度を付けて切った板をネジ止めします。

 

ie0778141

夫婦仲良く、流れ作業です。

どんどんできていきます。

 

ie0668119

家の構造の部材にはそれぞれ名前があり、自分で作っているのだから勉強して詳しくなるはず

なのですが、あまりにも色々な名前がありすぎて、とても覚えられません。

まずはギャンブレル屋根の上の勾配の緩やかな部分を1本ずつネジ止めしていきます。

高所作業になるので、足元にも気をつけなければいけません。

 

ie0718128

ちょっと大変でしたが、何とかできましたよ!

作業は順調です。