捨て猫 のラッキーとハッピー!

 

ani20-0650089

12月17日の朝、いつものように納屋の猫たちの部屋に行くと、あれ?

見知らぬネコが1匹、ずっと前からここにいるようにごく自然にこたつに

入って寝ていました。

ここは、猫たちが寒くないように、人間用のこたつを入れていている部屋で

隠れ家のように知る人ぞ知る場所なのです。

「え?誰なの?」

 

ani20-0670091

え~誰?誰?

そんな言葉しか浮かばないので、一旦家に帰ることにして、玄関の風除室

の扉を開けると、似た猫がまた1匹(+_+)…

なお、びっくり!!

でも、よーく見ると、少し顔も毛色も違います。

…ってことは…2匹の迷いネコが一緒にやってきたようなんです。

 

ani20-0151022

げっそり痩せて、毛並みも悪く、悪臭が漂い、顔も目やにや鼻水で

ぐちゃぐちゃでした。

我が家の近くは、震災で家を取り壊して更地にしたり、山林の法面工事で

木も伐採され、民家も少なくなりました。

どこかから、2匹で一緒に頑張って歩きまわり、やっとの思いでうちに

たどり着いたのかなと思うと、とても追い出すことなどできませんでした。

 

ani20-0860115

ネコ軍団はいるけど、2匹ともうちの子にしようと決めました。

温かいこたつの中でゆっくりと疲れた体を休め、ペレットや缶詰をもりもり

食べて少しづつ毛並みもよくなり、体もふっくらしてきました。

でも、最初から気になっていたのは,おなかが大きく見えることでした。

まさか、妊婦だったらこどもまでは飼えない…。

そこで、むぎちゃんのかかりつけの動物病院の先生のところで避妊手術を

してもらうことになりました。

 

ani20-0970130

翌日引き取りに行くと、先生は「子宮も卵巣もなかったよ。だいぶ前に

避妊手術はしてあったよ。」と……。

おなかが大きかったのは、別の原因だったようです。

避妊手術がしてあるので、避妊手術済の印の左耳をVにカットしてもらい、

さくら猫になりました。

もう1匹も多分同じなのかなと思います。

 

ani20-0631092

2匹は同じ飼い主に捨てられたのですね…

2匹とも、とても人懐こいのです。家の中で飼われていたのかなとも

思えます。

毎朝、玄関前で私たちがでてくるのを待っています。

ごはんを食べおなか一杯になると、またこたつの中でぬくぬくしています。

 

ani20-0192029

お天気のいい日は、ふたり仲良く、ベンチで日向ぼっこしています。

名前は左がさくら猫の「ラッキー」右の迫力ある顔の子は「ハッピー」

にしました!

ここにたどり着いて、ラッキーだったね!これからはハッピーになると

いいね…そんな意味を込めて付けました。

 

ani20-0392066

動物病院の先生によると、ふたりの年齢は推定6~7歳だそうです。

この子たちの残りの人生が、今までの何倍も幸せになりますように…

うちのばあちゃん猫たちとの距離も少しづつ近づいています。

ハッピーとラッキーをよろしくお願いします!