北茨城の旅・前編

 

blog-20-0212120

うちの年末年始は、妻は埼玉の実家へ帰省。夫は動物たちとお留守番です。

私は、左手にギブスをしての旅でしたけど、困ったときは助けをかりながら、

何とか無事に行ってくることができました。

以前は、父親の運転で遠出もしましたが、今は高齢になり、家族旅行は

弟の運転で連れていってもらいます。

今年は、北茨城を回ってきました。

 

blog-20-0022085

ここは「竜神大吊橋」。

平成6年、美しいV字谷の竜神峡に架けられた、歩行者専用の吊橋です。

全長446m主塔間長375mは12年間にわたって、日本一の長さを誇ってき

ましたが、平成18年に大分県に九重夢大橋ができ、長さ日本一の座を

奪われました。

さらに平成27年には、静岡県三島市に、三島大吊橋ができ、今はそこが

日本一の大吊橋なのです。

日本で3番目に長い吊橋ですが、橋の上から谷底めがけて落下する

高さ最大100mの竜神峡バンジージャンプは、日本一の高度差です。

こちらは、ずっと日本一の座を守っていられそうですね。

この日は、強風が吹き、夕方だったのでほとんど人はいませんでした。

紅葉の季節は絶景なのだと思います。

 

blog-20-4918

家族みんなソフトクリームが大好き!

道の駅で、酒かすソフト、えごまソフトを食べ、酒蔵では甘酒ソフトを

食べました。おいしかった!

お昼ごはんは、おさかな市場で、「身勝手丼」といって、ご飯を買って、

ネタは食べたいものを食べたい分だけのせて作る海鮮丼を食べました。

両親も大喜びで、普段の何倍もの量を美味しそうに食べてました。

 

blog-20-0792208

五浦海岸(いづら海岸)沿いにあるホテルに1泊しました。

ホテルの窓から六角堂が見えました。

明治38年に岡倉天心が建設した六角堂は五浦海岸を見渡す絶好のビューポイントです。

 

blog-20-0762204

六角堂は、平成23年3月11日の東日本大震災の津波で土台を残して、建物が

流失してしまい、現在の建物は、平成24年4月に再建された建物なのだそう

です。

あいにく、訪れた日は、休館日で中に入れなかったのは残念でした。

 

blog-20-0552169

宿泊したホテルも津波の被害を受けたそうですが、今はすっかり復興され

ていました。

従業員の方が、記念撮影をと…。

あっちに立ち、こっちへ座り…何枚も撮ってくれました。

 

blog-20-0742200

横山大観画伯が好んで描いた松と日の出と月のモデルは、この美しい

五浦海岸なのだそうです。

 

blog-20-0412147

海岸を眼下に見渡せる場所に、五浦岬公園があります。

高台に東日本大震災の慰霊塔がたっていて、心静かに鎮魂の鐘を鳴らして

きました。

 

blog-20-0193036

「天津 ロケ地」というのぼりが立っていたので、行ってみると、そこは

2013年公開の映画「天心」のロケセットが公開されていました。

こちらも、残念なことに休館日でしたので、ガラス戸にへばりついて

中を覗くしかありません。あ~、残念😢ちゃんと調べてから行ったのに、

お正月の代休の臨時休館とは…ついてない…。

 

blog-20-0253047

内部には、ロケで使用したセットが展示されていました。

近くには、岡倉天心のお墓もありました。

まだまだ行きたいところはたくさんありましたが、もう1泊くらいしないと

まわりきれません。今度は休館日じゃない時にきたいです。