埼玉県鴻巣市の川幅うどん

 

blog-20-0953162

埼玉の実家に帰ると、食べたいものがいっぱいあります。

そのひとつは、川幅うどん。

どうしてこんなに幅広いうどんができたかというと、埼玉県鴻巣市と吉見町

との間を流れる荒川の川幅が日本一長い2537m。そこで、考えられたのが

日本一幅の広いうどんということなのでしょう。

今回は、老舗のうどん屋さんの「久良一」というお店で食べました。

「埼玉B級グルメグランプリ」で準優勝になった「川幅うどん」発祥の

お店なんですって。

 

上の写真は川幅みそ煮込みうどんです。

すごいでしょ?

 

blog-20-0983165

こちらは、川幅白だしうどん。

それぞれ、うどんの厚みがちがうんです。

 

blog-20-4922

インパクトだけじゃなくて、うどんもとてもおいしいのです。

冷たい川幅うどんもありますし、お店によって、幅も厚みも様々なので、

いろいろなお店に行って食べてみたくなります。

鴻巣市はひな人形でも有名なところですから、行く機会があったら、

ぜひ川幅うどん、食べてみてください。

 

blog-20-0165025

埼玉県北部は古くから小麦が栽培されていた地域で、加須うどんは有名ですが鴻巣の

うどんもおいしく、手打ちうどんのおいしいお店がたくさんあります。

埼玉うどんパスポートなんていうのもあるんですよ。

 

blog-20-0488085

家でも食べられる乾麺になった「川幅うどん」もあります。

埼玉では帰省の時しか食べられないので、これを買ってきて自宅でも

食べています。お店のより、幅広いので2枚で1人前です。

今夜も食べようかな(笑)