窓の続編

 

ie0659108

窓を作る作業はまだまだ続きます。

今度は、リビングの窓に取り掛かりました。ここは、目の前に広がる田園

風景がよく見渡せるように、大きな窓にしました。

こんなに大きな窓は無いので買うことにしたのですが、窓って高いんです。

大きい窓にしたいけど予算が…と思い悩んでいた時、ロシア製の窓が

とても安いと聞き、札幌のショールームに行っていろいろ聞いてきました。

国産の窓に比べて、機能的にも性能的にも優り、価格は桁違いに安く、

まさに、買わないという選択肢はないやろ・・・という感じでした。

サハリンのちょっと北に工場があり、そこから船で輸送するらしく、輸送費が

安いのが価格の決め手のようです。

 

ie0719114

サイズ、窓の厚み、色などを指定して注文すると、ロシアから船に乗って

こちらまでやってきます。3月上旬に到着予定なので、窓が届くまでに窓枠を

作っておかなければならなくなりました。

急がなければ…。

でも、鉄板を切る作業も慣れてきたので、少し作業が早くなりました。

切るのも大変ですが、くり貫いた鉄板をどかすのはもっと大変です。

鉄板がとても重いのです。

ふたりで、ふーふー言いながら、時にはヨタヨタになりながら、作業を

進めています(笑)

 

ie0889141

寝室、リビングの窓枠ができたところで、大工の棟梁が手伝いに来てく

れました。救世主現る2階の壁は木で出来ているので、棟梁が作ってく

れました。惚れ惚れするような見事な仕事ぶりで、たちまち出来ていきます。

手を貸してくれるだけではなく、いろいろな事を教えてくれます。

悩んでいたことが、いくつも解決して、何歩も前進しました。

 

ie0969155

窓枠が完成して、家らしくなってきました。

まだ、キッチンの窓、洗面所の窓、トイレの窓…まだまだあります

 

ie0090016

棟梁には、屋根を支える柱も補強してもらいました。

これで大雪が降っても、屋根が潰れることはありません。

来週には、板金屋さんがきて、屋根が完成します。

屋根ができるのは、とても楽しみです。